9,617views
いぬグッズ

被毛の種類によって違う!愛犬に合ったブラシの選び方を解説

和田 千智
和田 千智 シェリー編集部

犬を飼っている皆さんは、愛犬の種類に合ったブラシ、選べていますか?

被毛に合ったブラシを適切な方法で使わないと、犬の皮膚や被毛を傷めてしまうことがあります。

今回の記事では、たくさんある犬のブラシについて、その特徴や役割を説明したのち、被毛タイプに合ったブラシの選び方とブラッシングの仕方をご紹介します。

それぞれのブラシの特徴と役割

犬,ブラッシング,ブラシ,選び方

1. 獣毛ブラシ

牛や豚、馬などの被毛で作られたブラシで、被毛についた汚れを取り除くのに適しています。
獣毛ブラシでブラッシングをすると、被毛に艶がでます。

2. スリッカーブラシ

被毛が生え変わる「換毛期」におすすめのブラシです。
大きな毛玉も、少しずつほぐすことができます。

ただし、先端が尖っており、力を入れすぎてしまうと犬の皮膚を傷つけるので、力加減を考えて使用する必要があります。

ONS
¥2,580 (2022/08/20 03:49:29時点 Amazon調べ-詳細)

3. ピンブラシ

ブラシの先端が丸くなっているため、スリッカーブラシに比べて犬の皮膚を傷つけにくいブラシです。
ブラッシングが苦手な犬にも受け入れてもらいやすいでしょう。

そうは言っても、やはり強くブラッシングをすると皮膚が傷ついてしまうので、ピンブラシであっても優しくブラッシングをしてあげましょう。

ペティオ (Petio)
¥1,326 (2022/08/20 05:08:36時点 Amazon調べ-詳細)

4. コーム

人間用のくしと同じような形をしています。
主に、長毛種の毛並みを整えるために使用します。軽い毛玉を取るのにも便利です。

ほかのブラシを掃除する際にも使えます。

ONS
¥1,279 (2022/08/20 03:49:30時点 Amazon調べ-詳細)

5. ラバーブラシ

ゴムでできていて、短毛種におすすめのブラシです。
被毛のケアだけでなく、マッサージ効果も高いため、ブラッシングでリラックスができます。

ペティオ (Petio)
¥1,131 (2022/08/20 03:49:31時点 Amazon調べ-詳細)

犬の被毛タイプを把握しよう

犬,ブラッシング,ブラシ,選び方

被毛の種類

犬の被毛の分け方は、毛の長さ(長毛種・短毛種)と、アンダーコートの有無(シングルコート・ダブルコートか)に分けられます。

どの犬種にも「オーバーコート(上毛)」が生えていますが、それに加えて「アンダーコート(下毛)」が生えて二層になっている犬を「ダブルコート」と呼びます。
ダブルコートの犬には年に2回、毛の生え変わり時期(換毛期)があり、この時期に抜け毛が多くなります。

犬のブラッシングは被毛の長さだけでなく、「シングルコートかアンダーコートか」によってもお手入れ方法や使うブラシが異なるので、自分の犬がどの被毛タイプなのか把握しておきましょう。

被毛別、犬種一覧

【短毛種/シングルコート】

フレンチブルドッグ、パグ、ミニチュアピンシャー、イタリアングレーハウンド、チワワ(スムース)、ドーベルマン、ダルメシアン

【短毛種/ダブルコート】

柴犬、ジャックラッセルテリア、ミニチュアダックスフンド、ボストンテリア、ジャックラッセルテリア、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ビーグル、ラブラドールレトリバー

【長毛種/シングルコート】

トイプードル、ヨークシャーテリア、マルチーズ、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、アフガンハウンド

【長毛種/ダブルコート】

ゴールデンレトリバー、ボーダーコリー、ポメラニアン、シーズー、ロングコートチワワ、ミニチュアシュナウザー、アメリカンコッカースパニエル、シェットランドシープドッグ

短毛種におすすめのブラシ

犬,ブラッシング,ブラシ,選び方

短毛種のブラッシングの頻度は、およそ週に1回程度です。
皮膚の油分が多くなると皮膚病になりやすいので、皮膚への負荷が小さい「ラバーブラシ」を中心に使いましょう。

シングルコート(短毛種)

犬種
フレンチブルドッグ、パグ、ミニチュアピンシャー、イタリアングレーハウンド、チワワ(スムース)、ドーベルマン、ダルメシアン

ブルドッグなどの目の大きい犬種は、ブラッシングの際に目にブラシが入ってしまいやすく、怪我のリスクが高いです。
そのため、安全性の高いラバーブラシを使って、マッサージをするように優しくブラッシングし、できれば仕上げに濡れタオルなどで拭いてあげると良いでしょう。

ダブルコート(短毛種)

犬種
柴犬、ジャックラッセルテリア、ミニチュアダックスフンド、ボストンテリア、ジャックラッセルテリア、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ビーグル、ラブラドールレトリバー

ダブルコートの場合は、まずスリッカーブラシやピンブラシでアンダーコートをブラッシングし、その後コームやラバーブラシを使って全体的な被毛を整えます。

長毛種におすすめのブラシ

犬,ブラッシング,ブラシ,選び方

長毛種は、基本的に毎日ブラッシングが必要だと考えましょう。

シングルコート(長毛種)

犬種
トイプードル、ヨークシャーテリア、マルチーズ、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、アフガンハウンド

まず、スリッカーブラシで、首からお尻にかけて優しくブラッシングします。毛玉があれば、重点的に、ただし優しくほぐしてあげましょう。
頭の部分はデリケートなので、ラバーブラシを使ってあげると良いです。
最後の仕上げに、コームで全体的な流れを整えてあげれば完了です。

ダブルコート(長毛種)

犬種
ゴールデンレトリバー、ボーダーコリー、ポメラニアン、シーズー、ロングコートチワワ、ミニチュアシュナウザー、アメリカンコッカースパニエル、シェットランドシープドッグ

基本的にはシングルコートの長毛種と同じですが、ダブルコートは特に換毛期に抜け毛が多くなるため、スリッカーブラシを使って優しく時間をかけてブラッシングしてあげる必要があります。

まとめ

ヘアケア

犬のブラシにはたくさんの種類がありますが、それぞれの特徴や役割を理解することで、愛犬に合った適切なブラシを選ぶことができます。

また、1度のブラッシングの中でも、「毛玉をほぐす」「仕上げをする」など、手順ごとにブラシを使い分けることで、より健康的な被毛を保つことができるでしょう。

ブラッシングは愛犬とのコミュニケーションをとる上でも重要なので、ぜひ愛犬に合ったブラシを選んであげてくださいね。

関連リンク

飼い犬がストレスを抱えているときに見られる行動と原因、対処法を紹介!
https://cheriee.jp/dogs/13591/
犬が飼い主をなめる意味。なめる場所と犬の気持ちの関係を解説
https://cheriee.jp/dogs/11303/
愛犬の「かまって」を察知!甘えている時の行動とその理由とは?
https://cheriee.jp/dogs/11586/
「カーミングシグナル」で分かる犬の気持ち。あくびはストレスの証拠!?
https://cheriee.jp/dogs/9451/
犬の気持ちを読み解くボディランゲージとは?
https://cheriee.jp/dogs/8062/
犬がくるくる回るのはなぜ?考えられる8つの理由
https://cheriee.jp/dogs/23483/
  • ブラッシング
  • 商品紹介
  • 犬のグッズ
  • 犬の健康

いぬに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。