1,357views
いぬの健康
  • お正月
  • ペット
  • 健康
  • 動物
  • 危険
  • 原因
  • 安全
  • 年末年始
  • 急性アルコール中毒
  • 気をつける
  • 注意
  • 病気
  • 食事
  • 飲み物
  • 飼い主

お正月に要注意!「犬の急性アルコール中毒」って?

MinMin
MinMin シェリー編集部

お正月はみんなでワイワイ!飲む機会も増えますよね。

ワンちゃんを室内で飼っている方も多いので、飲みの席に犬も同席している光景を見たことがあります。

それもあってか、この時期、ワンちゃんの”急性アルコール中毒”がとても増えるのです。

犬の”急性アルコール中毒”って?

アルコール依存
そもそも”急性アルコール中毒”というものをご存知でしょうか?

短時間に多量のアルコールを摂取することによって生じる中毒のことです。

世間一般では、主に人間がなる中毒という認識がありますが、実は、犬もこの中毒になるのです。

主な原因はこの2つです。

  • 犬が自ら誤飲
  • 飼い主さんが飲ませてしまう

どちらも飼い主さんが常に気にかければ防げることだとわかります。

お正月は、ワンちゃんを飲みの席から遠ざけるか、常に気にかけてあげなければなりません。

犬にお酒はだめ!絶対!の理由

犬 寝てる
「だって犬が欲しがるんだもん!」→犬にお酒を与えてしまった飼い主さんの常套句です。それでも絶対に与えてはいけません!

人間がアルコールを摂取すると、そのアルコールは体内で分解されアセトアルデヒドとなり、さらに無害な物質へ分解されます。しかし、犬はアルコールを分解する酵素を持っていません。
そのため、犬にお酒を飲ませてしまうと、摂取したアルコールが無害化されることなく体内を循環してしまい、重度の中毒症状があらわれたり、さらには死に至ることもあります。

死に至ってしまうアルコール量は?

ウイスキー
犬は多くの場合、体重1kgに対して5.6mlのアルコールを摂取してしまうと、死に至ってしまうと言われているのです。

  • ビール(アルコール度数5%): 約110ml (体重1kgあたり)が致死量

ですから、溢れたお酒をぺろっと舐めただけで、千鳥足になってしまうワンちゃんもいます。

このことから一口でも犬にお酒を与えてはいけないとわかります。

犬の急性アルコール中毒の症状

ゴールデンレトリバー

  • 呼吸困難
  • 昏睡状態
  • 意識朦朧

人間が酔っ払ってしまったときのような千鳥足から始まって、だんだんと悪化し、上のような症状になってしまったら完全にアルコール中毒です。

最悪の場合、死に至りますので、飼い主さんは、常にワンちゃんがお酒を飲んでしまったらわかるようにしなければなりません。

お酒を飲んでしまったら?

病院医者

こぼれたお酒を舐めてしまったりして、もし犬がアルコールを摂取してしまったらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

人間だと薄めればと思い、水を飲ませることも多いですが、ワンちゃんにそれは絶対にやめてください。誤嚥してしまい、呼吸困難から窒息死することもあるためです。 ワンちゃんに異変がなくても、アルコールは分解されないため体内にとどまり続けます。
症状が出ていないからといって安心せず、必ず獣医師の診察を受けさせてください。

病院についたら、
いつ・何を・どのくらい飲んだのか伝えられるようにしましょう。

愛犬の命のために。

飼いやすい犬
いかがでしたか?

ワンちゃんの急性アルコール中毒の怖さと身近さを把握し、飲みの席から遠ざけることはとても大事です。

運よく助かっても二日酔いに苦しむワンちゃんもいますから、絶対にワンちゃんには少量でもお酒を与えないでくださいね。

それではワンちゃんとの素敵なお正月を!

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。

いぬに関する記事