ボランティア知識

【犬のボランティア】パピーウォーカーになるには。

BY シェリー編集部2017年7月13日 更新
441 views

  • 盲導犬候補の子犬を約1年間育てるパピーウォーカー
  • パピーウォーカーになるためのステップ
  • パピー(子犬)を受け入れる条件とは

「パピーウォーカー」とは、盲導犬候補の子犬を生後2ヶ月から約1年間、愛情をたっぷり注いで育てる人たちのことです。この素敵な役割を自分もやりたい!と思ったら、どうしたらなれるのでしょうか?

パピーウォーカーって、何?どんなことをしているのかよくわからないな、という人は、まずはこちらをご覧ください。

自分の育てた犬が立派に活動…犬を飼う1つの選択肢「パピーウォーカー」
皆さんは、パピーウォーカーをご存知でしょうか?自分が育てた犬が盲導犬として立派に巣立って行くのはなんとも誇らしいことだと思いませんか。今回は、犬を飼う一つの選択肢として、パピーウォーカーをご紹介したいと思います。

どうやったらなれるの?

受け入れる日までの流れ

ラブの子犬1
パピーウォーカーになるためには以下の6つのステップが必要になります。

  1. 登録申込書を記入し、協会へ返送
  2. 説明会に参加し、面談を行う
    月一回行われている説明があるので、そちらに参加し、詳しいお話を聞くことができます。また、簡単な面談も行われます。
  3. 説明を受けた上でパピーウォーカーになることを希望する場合、パピー委託希望者として登録される
    子犬の出産状況や登録順などもあるため、希望後すぐにやってくるとは限りません。もし待機中に何かあれば(受け入れられなくなった、引越しをするなど)相談することも可能です。
  4. 連絡を待つ
    受け入れの日の1ヶ月前には連絡が届くようです。
  5. 委託前の準備
    実際に受け入れる前に訓練センターを訪れ、子犬の育て方などのレクチャーを受けます。ケージなどの必要なものも貸し出してくれるそう。
  6. 委託式
    ワクワクの委託式!必要な書類の作成だけでなく、今後1年間の説明や実際にやってくる子犬との接し方、しつけ方法についてレクチャーを受けます。

パピーウォーカーになるための条件

お手をする犬
パピーを受け入れるためには、8つの条件があります。そんなに厳しい条件ではありませんので、確認してみましょう。

  1. 移動手段として、車を持っていること
  2. 月1回、各訓練センターで開催されるレクチャーへの参加
  3. 室内飼育ができること
  4. 留守にする時間が少ないこと
  5. パピーのしつけを、家族みんなで取り組むことができること 
  6. 今、犬を飼っていない人
  7. 集合住宅の場合は、管理者から承諾を得ていること
  8. ドッグフードや日用品、治療費(ワクチンや狂犬病注射は除く)などの金銭的負担を了承できること

愛情をたくさん注いであげましょう!

パピーウォーカーの役目は、パピーに愛情を注ぐことと、人間の生活を教えることです。自分が育てた犬が、立派に誰かの役に立つことは嬉しいことです。ぜひ、パピーウォーカーに興味を持った方は、こちらの公式HPをご覧ください。

パピーウォーカー|ボランティア|日本盲導犬協会

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ