297views
クイズ

【猫クイズ】恐ろしい猫の感染症、トキソプラズマ症とは?

yuri
yuri シェリー編集部
飼い主のみなさんは、猫の“トキソプラズマ症”をご存知ですか?日本では認知の低い動物の病気の一つで、あまり聞きなれない病名かもしれません。しかし、諸外国、主に先進国ではよく知られた病気なのです。
今回は、トキソプラズマ症と、その原因と予防策をクイズを通してご紹介します。

それではさっそく、猫のトキソプラズマ症クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 トキソプラズマ症の特徴で正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「主な感染源は土や糞」です。
トキソプラズマ症の主な感染源は土や糞です。猫が感染した土壌や糞便に接触すると、トキソプラズマ症を発症してしまい、人にも感染する人畜共通感染症の一つです。

トキソプラズマは発育時期によりオーシスト、タキゾイト、シストと呼ばれ、猫科の動物だけが便中にオーシストを排泄します。オーシストは、排泄後すぐの段階では感染力がなく、1日〜3日ほど経つと感染力を持つようになります。
これらは空気感染せず、経口で感染します。
Q.2 トキソプラズマ症の症状で誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「原因はウイルスである」です。
トキソプラズマ症は、ウイルスではなく寄生虫によって引き起こされます。 健康な成人であれば感染しても軽い風邪のような症状が出る程度ですが、免疫力が弱っている人の場合は重症化して死に至ることもあります。妊婦が感染すると、胎児に悪影響があるとも言われています。
Q.3 トキソプラズマ症の予防法として誤っているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「なるべく外で飼育する」です。
猫を外で飼育するとトキソプラズマ症にかかっている猫と接触する可能性があります。できれば室内で飼育する方が望ましいでしょう。

猫が糞を排泄してから1日〜3日ほどは感染力がありませんので、トイレ掃除は少なくても1日1回は行ってください。糞は密閉袋に入れて捨てます。
問正解/ 問中
今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
恐ろしい猫の寄生虫病、トキソプラズマ症とは?
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!
  • クイズ
  • ズーノーシス
  • トキソプラズマ
  • 人畜共通感染症

クイズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。