143views
クイズ

【ペットクイズ】改めて確認を!災害時に飼い主がとるべき行動とは?

yuri
yuri シェリー編集部
地震、台風、大雪など、日本は世界的に見ても、自然災害がとても多い国です。もしものことが起こったら、ペットの飼い主としてどのように避難すればいいのでしょうか。

本記事では、災害時の避難方法についてクイズ形式で解説していきます。知っているという方も改めて確認しましょう。

それではさっそく、災害時の避難方法クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 災害が起こったときに、ペットが飼い主と一緒に避難することを一般的に何という?
正解です!
不正解です!
正解は「同行避難」です。
災害時にペットと避難所まで一緒に避難をすることを「同行避難」といいます。

一方、「同伴避難」とは、災害時にペットと同行して避難し、かつ避難所の中でも一緒に生活をすることです。

同行避難ができるか、同伴避難ができるかは、自治体や避難所によって対応が異なります。突然の災害に慌てないように、災害が起こった時の対応を今一度家族と話し合いましょう。
Q.2 災害時にペットの飼い主がとる行動として推奨されているのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ペットと一緒に避難所まで避難する」です。
環境省が推奨しているのは、ペットと一緒に避難所まで避難する「同行避難」です。東日本大震災の時に、同行避難が広まっていなかったために、そのまま家に置き去りにしてきたケースが多く、混乱を招いたことを受けて、推奨されるようになりました。

動物アレルギー、においや鳴き声、衛生面などの問題もあり、避難所で一緒に生活をする同伴避難は現時点では現実的ではなく、同伴避難を受け入れている自治体や避難所はほとんどないのが現状です。

避難先のことを考えてあとでペットを迎えに行こうと考える人も多いですが、どんな二次災害が起こるかわかりません。避難するときは、ひとまずペットを一緒に連れて行くのが鉄則です。

ただし、避難所に行ってもペットと一緒に過ごせない可能性は十分にあります。自分の住んでいる地域で「同伴避難」ができる避難所があるのか、あらかじめ確認しておき、もしなければペットと避難させてもらえる親戚や知人宅に避難することも考えましょう。
Q.3 災害時に準備しておきたいこととしてもっとも「適切ではない」のはどれ?
正解です!
不正解です
正解は「SNSにペットの様子を投稿しておく」です。
SNSにペットの様子を投稿すると、場合によっては盗難などの事件に巻き込まれる可能性もあります。ペットの写真をスマートフォンなどに残しておくことは有効ですが、SNSに載せる際は十分気をつけてください。

避難所に人がたくさんいるため、ペットが騒いだり暴れたりすると、ペットも飼い主さんも周りの人も辛い思いをすることになります。しつけはしっかり行っておきましょう。

また、ペットがパニック状態になり逃げ出してしまう可能性もあるため、迷子札やマイクロチップをしっかり装着しましょう。もしもの時のためにペット用の防災グッズを用意しておくことも大切です。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
災害の時、ペットと避難をするために。もしものために備えておくべきこと
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

関連リンク

災害の時、ペットと避難をするために。もしものために備えておくべきこと
https://cheriee.jp/column/8650/
愛犬のための災害対策!常備しておくべき”防災グッズ”は?
https://cheriee.jp/column/6015/
【災害時用】ペットと避難するための予備知識【東京都23区】
https://cheriee.jp/column/16034/
災害時に備えて。猫を大人しくさせるには「洗濯ネットが良い」ってホント?
https://cheriee.jp/column/10430/
獣医師が教える子犬のしつけ①〜社会化期にやるべき5つのこと
https://cheriee.jp/dogs/20122/
愛犬が外でしかトイレをしない!その問題点とトレーニング方法
https://cheriee.jp/dogs/26362/
  • クイズ
  • ペット
  • 同伴避難
  • 同行避難
  • 災害
  • 避難

クイズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。