views
クイズ

【クイズ】飼うのは大変?大型犬を詳しく知ろう!

yuri シェリー編集部

このコンテンツはAMPに対応していません。
下記のページに移動してコンテンツをお楽しみください。

正常なページへ移動する
犬を飼っている、もしくは飼いたいと考えている人の中には、一度は大型犬を飼ってみたいと考えたことがある人も多いのではないでしょうか。魅力がたくさんある大型犬と一緒に暮らすには、小型犬とは少し違った点も注意しないといけないかもしれません。

今回は、大型犬の定義や大型犬を飼う上での注意点をクイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、大型犬クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 ジャパンケンネルクラブよると、20kg程度の犬が分類されるのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「明確な定義はない」です。
ジャパンケンネルクラブ(JKC)では、体高や体重などによる小型・中型・大型犬の明確な基準は設けていません。

一般的には、おおよそ成犬時の体重を基準に以下のように分けられることが多いです。
小型犬:10kg未満
中型犬:10kg以上25kg未満
大型犬:25kg以上
Q.2 次の犬種のうち、一般的な体重による基準で大型犬に分類されないのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ボーダー・コリー」です。
ボーダー・コリーの平均体重は14~20kgであり、一般的には中型犬とされています。なお、ラフ・コリーは大型犬に分類されます。

ゴールデン・レトリーバーは29~34kg、ドーベルマンは29~45kg、バーニーズ・マウンテン・ドッグは30〜52kgで、いずれも大型犬に分類されます。
Q.3 大型犬を飼う際に気を付けることとして「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「1回30分程度の散歩を1日に2回行う」です。
犬種や年齢によって必要運動量も変わってきますが、目安として大型犬の成犬では1回のお散歩で、最低でも1時間以上、できれば2時間は確保することが望ましいです。

体が大きい分、食べる量や排泄量、必要なスペースも小型犬に比べて多くなるため、経済的な負担も大きくなります。

成犬ともなると引っ張る力や噛む力などが非常に強くなるため、リードを持った際に引っ張られることで、転倒や引きずりによるケガが起きたり、リードを離してしまうことでの脱走の可能性が高くなります。このようなケガや事故を防ぐためにも、お迎えしてからすぐに適切なトレーニングをする必要がありますが、間違ったトレーニングをすると逆効果ですのでプロのトレーナーの力を借りるのがおすすめです。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
十分な覚悟も!大型犬を迎える前に知っておきたい魅力と注意点
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

関連リンク

十分な覚悟も!大型犬を迎える前に知っておきたい魅力と注意点
https://cheriee.jp/dogs/31256/
自分のライフスタイルに合う犬が見つかるかも?!犬種の特徴を学ぼう
https://cheriee.jp/dogs/33223/
飼うならどっち?ゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバー
https://cheriee.jp/dogs/27588/
【クイズ】今さら聞けない?ゴールデンとラブラドールの違いとは
https://cheriee.jp/quiz/32502/
ちゃんと知ってる?豆柴やティーカッププードルが抱える問題
https://cheriee.jp/column/33961/
飼い主を悩ませる犬の吠え癖!吠えにくい犬種とその特徴を解説
https://cheriee.jp/dogs/35982/
  • クイズ
  • トレーニング
  • 体重
  • 大型犬
  • 散歩
  • 運動

クイズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
モバイルバージョンを終了
モバイルバージョンを終了