views
ねこ健康

猫の手作りごはんは要注意!重要なタウリンの不足で失明の可能性も

yuri シェリー編集部

「タウリン」と聞くと、栄養ドリンクなどを想像する人が多いかもしれません。しかし、タウリンは猫にとって非常に重要な栄養素だということをご存じでしょうか。

総合栄養食のキャットフードを与えていれば必要な栄養素はすべて含まれているため特に問題はありませんが、手作りごはんなどを日常的に与えている場合は、知らずに栄養素が足りていない可能性があります。

今回は、猫が健康に生きていくために必要なタウリンについて解説していきます。タウリン欠乏症にならないようにしっかり栄養管理をしてあげましょう。

アミノ酸とタウリン


タウリンは1827年に牛の胆汁酸から発見されました。その名はラテン語で「雄牛」を意味する「タウルス(Taurus)」に由来します。

アミノ酸は分子内に「アミノ基とカルボキシル基をもつ化合物」と定義されていますが、タウリンにはカルボキシル基はなく、厳密にはアミノ酸とは言えません。しかし、よく似た物質であることからアミノ酸の一種に含まれることもあります。

タンパク質を構成するアミノ酸のうち、体内で合成ができず食事などによって摂取する必要があるものを必須アミノ酸といいます。猫には11種類の必須アミノ酸があり、タウリンはアミノ酸ではないものの、猫の必須アミノ酸のひとつに数えられることが多いほど重要な栄養素です。

猫がタウリンを体内で合成できない理由


人も犬も多少なりとも体内でタウリンを合成する能力があります。しかし、なぜ猫は体内でタウリンを合成することができないのでしょうか。

猫はもともと肉食動物であり、タウリンは餌となる肉から摂取していました。そのため、体内で合成できなくても野生で生活している限りはタウリンが不足することはありませんでした。

最近では総合栄養食のキャットフードにはタウリンが含まれているため、タウリン欠乏症になる猫は稀でしょう。しかし、手作りのごはんやタウリンを含まないフードを与えている場合、十分な量のタウリンを摂取できていないかもしれません。

タウリンの働き

タウリンはほぼ全身の細胞に分布していますが、特に心臓、肝臓、腎臓、脳、筋肉、網膜などに高濃度で存在し、これらの機能を正常に維持する働きがあります。

タウリン欠乏症が原因で起こる病気


猫がタウリンを十分に摂取できていないと、以下のような病気を発症するリスクが高まります。一度罹患してしまうと治らない病気もあるため、タウリンが不足しないよう普段から注意することが大切です。

拡張型心筋症

心臓の筋肉を構成する心筋が薄くなってしまい、収縮する力が弱くなり血液を送り出せなくなってしまう病気です。

初期ではほとんど症状が見られず、聴診でわずかに雑音が聞こえる程度ですが、症状が現れた頃には重症化しており命に関わるため、早期発見のためにも定期的な健康診断が重要です。

進行性網膜萎縮症

網膜は眼底に広がる薄い膜のことで、光を感じる視細胞があります。網膜萎縮症は、網膜がだんだんと薄くなり、視細胞が減少し視力が低下していき、最終的には失明することもある病気です。

猫の視力低下はなかなか気付けず、飼い主が気付いたころには進行してしまっている場合も少なくありません。暗い場所に行きたがらない、物によくぶつかるなどの症状が見られたらすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

生殖異常

妊娠中の猫がタウリン欠乏症に陥ると、胎児が正常に発育せず、流産や死産が増加するリスクがあります。また、タウリン欠乏症の親から生まれた子猫は発育障害が見られることもあります。

そのため、妊娠中は特にタウリンの摂取を欠かしてはいけません。

免疫力の低下

タウリンには免疫機能の維持や抗酸化作用もあるため、不足すると免疫力が低下してしまいます。

タウリンを多く含む食品


タウリンは野菜や果物などの植物を除いて、さまざまな食材に含まれています。魚類、貝類、肉類には特に多く、猫が摂取できる主に食べ物は以下の通りです。

  • マグロ
  • カツオ
  • ブリ
  • ホタテ
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉

ただし、ホタテにはチアミナーゼいうビタミンB1分解酵素が含まれているため、必ず加熱して与えましょう。生肉も食中毒や寄生虫に感染する危険があるため、加熱が必要です。魚は少量であれば生でも問題ありませんが、初めて与える際はアレルギーなどに注意しましょう。

タウリンは水溶性であり、茹でると溶け出してしまいます。そのため、茹で汁などはなるべく捨てずに活用しましょう。

注意
タウリンがたくさん含まれているからといって、人間用の栄養ドリンクは絶対に与えてはいけません。

まとめ


猫が健康に生きるためにもタウリンは必要不可欠な成分です。猫にタウリンが必要だと判明する以前は、目や心臓の病気になってしまう子も多かったそうですが、タウリンを含むキャットフードが増えたことでそれらの病気は減少しているとのことです。

普段なんとなく与えているキャットフードは猫に必要な栄養素がバランス良く含まれています。しかし、ドッグフードや手作りのご飯を与えている場合は、必要な栄養が十分に摂れていない可能性があります。猫の健康のために良かれと思ってやったことが逆効果にならないよう十分気をつけましょう。

関連リンク

犬はキャットフードが好き?常食化がNGな理由とは
https://cheriee.jp/dogs/28261/
愛猫に合ったフードって?選び方の基本や保存方法を解説
https://cheriee.jp/cats/30398/
猫にはキャットフードを!「ねこまんま」がNGな3つの理由
https://cheriee.jp/cats/28002/
猫は甘味を感じない?猫の食いつきをよくする裏ワザもご紹介!
https://cheriee.jp/cats/28315/
猫の手作りごはんに挑戦!食材リストやおすすめレシピ紹介など
https://cheriee.jp/cats/9131/
【検証】CIAO(チャオ)ちゅ〜ると類似品の塩分濃度を比較してみた
https://cheriee.jp/cats/15943/
  • アミノ酸
  • キャットフード
  • タウリン
  • ニュース
  • 必須アミノ酸
  • 欠乏症
  • 総合栄養食

ねこに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
モバイルバージョンを終了
モバイルバージョンを終了