254views
コラム

【保護犬と暮らす】入居者に聞いたグループホーム「わおん」での生活

シェリー編集部
シェリー編集部

先日、ペット共生型障がい者福祉施設「わおん」を運営する(株)アニスピホールディングスの藤田英明社長にお話を伺い、インタビューの様子を公開いたしました。

社長直撃!保護犬と障がい者の共生型福祉施設「わおん」が目指すもの

今回は、「わおん」の入居者の方に、保護犬との関係性からグループホームに入居した経緯、一日の過ごし方までお話を伺ってきました。保護犬が果たしている役割や入居者の方と保護犬との絆が見えてきます。

ペット共生型障がい者福祉施設「わおん」とは?

「わおん」グループホームの外観

「わおん」は障がい者と保護犬が一緒に暮らせるグループホームであり、障がい者の自立サポートを行うことで、自ら稼ぎ、暮らせるようになることを目的としています。

また、殺処分される犬をグループホームで引き取ることで、犬の命を救い、犬が大好きな入居者が犬との散歩や遊びを通じて、癒されたり、信頼関係を築いたりできるのが魅力の施設です。

現在まであるようでなかった、人間と犬の両方の福祉を追求したグループホームが「わおん」なのです。

入居者に聞く「わおん」での生活

快くインタビューに応じてくださる山本さん

今回シェリー編集部は、千葉県にある「わおん」のグループホームに入居している山本さん(仮)にお話を伺いました。

「わおん」に入居された経緯は?

もともと千葉県にある別のグループホームに入居していました。支援センターの相談員さんとお話する中で「わおん」の存在を知り、興味を持ち、まずは体験入居をしてみることにしました。

「わおん」では最大50日間の体験入居ができますが、山本さんは一週間ほどの体験入居を経てここで暮らすことに魅力を感じ、入居を決めたそうです。

「わおん」に入居する決め手はやはり犬ですか?

はい。もともと犬が大好きで、実家でも犬を飼っていました。残念ですが、一般的なグループホームでは犬と一緒に暮らすことはできないので、犬と一緒に過ごす生活は諦めていました。
でも、「わおん」であれば、犬と一緒に過ごせます。現在は、仕事が終わって帰ってくると、元保護犬の「みりん」がすぐに出迎えてくれます。

お天気が良いときなど、会社に出勤する時に駅まで「みりん」と一緒にお散歩をすることもあるのだとか。こういった日常生活での遊びや触れ合いを通じ、犬が持つヒーリング効果が機能しているのが、「わおん」の最大の特徴でしょう。

保護犬のいる生活


左耳が垂れているのがトレードマークの「みりん」ちゃん(写真)は、殺処分3〜4日前とギリギリのところで引き取られ、「わおん」のグループホームにやってきました。

保護犬の受け入れは、グループホームの入居者の方たちとの相性もあるため、入居者が揃ってからみんなで話し合って決めるそうです。「わおん」は、保護団体や保護施設とのコネクションがあるため、入居者が揃った時点で、職員の方が代表して探しに行くとのこと。

普段、みりんちゃんとはどのように過ごしていますか?

仕事に行くときはみりんが玄関まで見送りに来てくれます。仕事から帰ってくると、みりんは尻尾を振って出迎えてくれます。
どういうわけか、みりんは僕が帰ってくると僕の部屋から出てくるんです。仕事に行っている間は僕の部屋で遊んでいるようです(笑)

お散歩などはどうしているのですか?

基本的に、みりんのお世話はグループホームの世話人の方がしてくれます。
出勤時にタイミングが合えば、朝のお散歩ついでに、みりんと世話人の方が最寄りの駅までお見送りをしてくれます。仕事前に、みりんから元気をもらっています。

動物好きの入居者が集まっているので、保護犬のお世話などで入居者の方の負担が増えることはありません。他の入居者の方も一緒にお散歩に行ったり、おもちゃを使って遊んだりする方が多いそうです。
みりんちゃんは共用のリビングで過ごしているので、どの入居者の方も触れ合えるようになっているのが嬉しいですね。

自分の部屋で寝ていると、みりんが部屋に入ってきて一緒の布団で寝たりします。また、僕が出かけている時も、みりんは僕の部屋で寝ていることがあります。

山本さんのお話からは、みりんちゃんへの深い愛情が見えてきます。みりんちゃんも山本さんにはよく懐いているようで、双方の信頼の深さが伺えます。

みんなのアイドル犬

わおんに暮らす保護犬と入居者の方との触れ合い

私たちがインタビューに伺った際、初めこそ警戒していたみりんちゃん。でも、すぐに慣れてしまい、お腹を出して寝ている場面も見られました。みりんちゃんがこのグループホームに来てからまだ7ヶ月程度しか経過していないということなのですが、もともと大人しい性格なのか、「わおん」での生活にはすっかり馴染んでいる様子です。

現在ではみんなのアイドル犬となっているようで、シェリー編集部もそのかわいさにすっかりメロメロになってしまいました。

グループホームでの生活

わおんのグループホームでの生活

「わおん」のグループホームでは、1つのグループホームに4〜5人の方が入居しています。こちらのグループホームでも4人の方が入居されており、一人一人が個室で生活しています。そのため、プライバシーはしっかり守られています。そして、日常的な家事は世話人の方が行っているため、食事等も心配なし。

他の入居者の方との関わりはありますか?

こちらのグループホームでは、入居者同士の交流はあまりありません。
日中はみんな仕事に行っているので、ほとんど顔を合わさないということもあるかもしれません。

ここのグループホームはのんびりとしていて、とても落ち着いた雰囲気でしたが、すごく賑やかなグループホームもあるそうです。入居者の方の性格に合わせて、入居するグループホームを割り振っているとのことで、細かいところまでケアされていることがわかります。

一日はどのように過ごしているのでしょう?

日中は運送会社の事務をしています。
朝5時半に起床して、グループホームから一時間ほどのところにある会社に出勤しています。8時から16時まで仕事をしたあと、17時半頃に帰宅します。

お仕事は残業などもあるのでしょうか?

年末年始は運送業は忙しいので、定時を過ぎて残業することもあります。
でも、その場合は手当が出て、お給料がいつもより増えるのが嬉しいです(笑)

お休みの日はどう過ごしますか?

仕事のない日は、母校にサッカーをしに行ったり、部屋の中でみりんとおもちゃで遊んだりして過ごしています。
時々、「わおん」(アニスピホールディングス)の本社のある九段下まで、藤田社長を訪ねて遊びに行きます。一緒にお話したり、お昼ごはんを食べたりするのですが、「僕のお客様をご案内してきて」と言われたりします。無茶ぶりですよね(笑)

入居者の方とこんなに親密になれるグループホームがあるのですね。会社のフランクさも伝わってくる良いエピソードだと思いました。運営者と入居者の方と双方が良い関係を作っておられ、傍から見ていて何とも羨ましいです。

入居する前と後で変わったこと

じっと入居者の方を見つめるみりんちゃん

「わおん」で最も良かったところは何でしょう?

以前のグループホームには犬がいませんでした。犬がいるということが大きいです。
もともと実家で犬を飼っていたので、現在の「わおん」での生活はとても楽しいです。

グループホームに入居して変わったことは何でしょう?

グループホームに入居する前は母親としばしばケンカをしていました。
でも、こちらに入居してからは気持ちも落ち着き、ケンカはほとんどなくなりました。病気の症状も少し落ち着いてきました。
母とは、今度一緒に旅行に行く予定です。

山本さんからは、犬の存在が大きく、離れ難く大切だというのが伝わってきます。もしかすると、落ち着いた気持ちで日々を過ごせるようになったのは、犬が身近にいるという環境も大きな要因の1つなのかもしれません。

これからチャレンジしたいこと

編集部に気遣いお茶を入れてくれる山本さん

山本さんに今後の目標を伺うと、一人暮らしをしてみたいとおっしゃっていました。料理も自分でできるので、あまり不安はないということでしたが、みりんちゃんと離れるのは寂しいからどうしようと悩んでいました。

藤田社長と一緒に「わおん」のセミナーも参加することがあるそうで、いろいろなことに積極的にチャレンジしている山本さんの今後がとても楽しみです。

編集後記

わおんのマスコットキャラクターのいるグループホームの玄関
癒し効果があることで知られる犬や猫ですが、福祉の現場で活躍している犬や猫はまだまだ少ないのが現状です。

今回山本さんのお話を聞き、犬が一緒に暮らしているだけで、入居者の方の生活を豊かにしていると感じました。自然と会話が生まれたり、積極的に散歩に行ったりなど、犬が果たす役割は大きいと思います。犬にとっても、殺処分ギリギリのところで引き取られ、犬が大好きな人たちに囲まれた生活は悪いものではないでしょう。

「わおん」の掲げるビジョンや目標は素晴らしいと思います。ただし、何事も現場の方にお話を聞いてみないと実際のところはわかりません。
今回、入居者の方自身がすごく生き生きと生活している姿を目の当たりにしたことで、「わおん」が一つずつ着実にビジョンを成し遂げようとしているのがわかりました。山本さんとのインタビューを通じ、「わおん」というグループホームは、犬にとっても、犬が大好きな障がい者にとっても魅力的な施設だと確信しました。

次回は、「わおん」で働く職員の方へ「わおん」で働く意味や「わおん」の魅力についてお伺いしたインタビューの様子を掲載いたします!

わおん公式サイト:https://waonpet.com
(株)アニスピホールディングス公式サイト:https://anispi.co.jp/

  • グループホーム
  • わおん
  • 保護犬
  • 福祉
  • 障がい者

コラムに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。