674views
コラム

北朝鮮が新型コロナの影響で「犬の飼育禁止令」発令?

Risa
Risa シェリー編集部

韓国・朝鮮日報は、北朝鮮当局が最近、首都・平壌で犬を飼うことを厳しく取り締まっていると報じました。その背景には、新型コロナウイルスの影響で経済が著しく低迷していることがあるようです。

今回は、北朝鮮の「犬の飼育禁止令」の理由と、北朝鮮のペット事情やお隣・韓国の反応についてお伝えします。

なぜ犬の飼育を取り締まるのか?

北朝鮮 犬 飼育 禁止 ペット

犬の飼育を取り締まる理由は明確ではありませんが、次のような理由があるのではないかと言われています。

犬を飼育するのは資本主義的であるという考え方

金正恩は、犬を飼うことについて「ブルジョア的である」「資本主義的である」と表現し、「ペット飼育禁止令」を出したと報じられています。

未だ感染者数はゼロだと発表している北朝鮮も他国と同じように、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で経済が困窮しています。そんな国難の中で、ペットを飼うという「資本主義的」な行動をとることは、社会主義国家である北朝鮮に対して「非愛国的」だとみなされてしまうようです。

不足している食糧を補うため

経済不況によって深刻さを極めるのが、「食糧不足」。
北朝鮮の人権問題の担当者である国連のトマス・オヘア・キンタナ氏は、北朝鮮では一般市民のみならず兵士たちも食糧難に苦しんでいる、と報告しています。

そんな中、対策のひとつとして考えられたのが「ペットの犬を食用にすること」なのではないかと考えられています。北朝鮮では、古くから犬肉を食べる文化があり、平壌には今も犬肉料理店がたくさんあるようです。

当局が市民に対して飼っている犬を差し出すように求めているのは、上記に挙げた資本主義への対抗に加え、深刻な食糧不足を補う手段なのだとも考えられています。

犬はどこに行くのか

北朝鮮当局は、ペットとして飼われている犬を積極的に差し出すよう市民に求めています。

7月には、「15キロ以上の大型犬の飼い主は、犬を速やかに政府に供出するように」「10月1日までに供出すれば、米か中国製の食用油を購入できる許可証を与える」というお達しが政府から出されました。

差し出されなかった場合、強制的に取り上げることもあり、当局の手元に渡った犬は、動物園か犬肉料理店に送られるようです。

北朝鮮のペット事情

北朝鮮 犬 飼育 禁止 ペット

北朝鮮では、昔から犬をペットとして飼うことに対し、「汚い資本主義文化だ」として非難されてきました。番犬や牧羊犬、家畜として飼われる犬はよくても、いわゆる愛玩犬のような、かわいがるのが目的で犬を飼うことは「資本主義的」とみなされてきたようです。

しかし、韓国ドラマやハリウッド映画などの影響を受け、平壌に住むお金持ちや上流階級の人の間で、自身のステータスとしてペットを飼う人も現れるようになりました。

余談
日本でも大ヒットとなっている韓国ドラマ「愛の不時着」に登場する北朝鮮の中隊員、「キム・ジュモク」も生粋の韓国ドラマ好きとして描かれていますが、実際には韓国のコンテンツを視聴したことがバレれば厳しく処罰されます。

北朝鮮内部の事情についてはどこまで正しい情報かを見極めるのが難しいですが、平壌市民が愛玩目的で犬を飼っていたならば、今回の「ペット飼育禁止令」は心が痛んだかもしれませんね。

過去には、お隣韓国と「犬外交」も

北朝鮮 犬 飼育 禁止 ペット

今回の禁止令からは、犬は大事な食糧であって、ペットとして飼うことは「資本主義の象徴」であるとする考え方が感じられましたが、実は北朝鮮当局の犬に対する価値観は、これ以外にもあります。

そのひとつが、韓国との外交手段です。

北朝鮮と韓国はこれまで、緊張状態にある中でも、「犬外交」を通して友好的な姿勢を双方に示してきました。

2000年

2000年には、当時の金正日(キム・ジョンイル)総書記が、朝鮮半島の狩猟犬として名高い「豊山(プンサン)犬」の子犬2匹を、韓国の金大中(キム・デジュン)大統領に寄贈し、金大統領もお返しに韓国原産の犬、「珍島(チンド)犬」2匹を贈呈しました。

韓国側に贈られた豊山犬は、その後ソウル動物園で飼育され、一般の人にも親しまれました。

2018年

2018年には、北朝鮮側が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対して、友好のしるしとして「コミ」と「ソンガン」という名前の2匹の豊山犬を贈呈しました。犬たちは、南北朝鮮を隔てる38度線付近の、非武装地帯(DMZ)にある板門店を経由し、3キロ分の餌と一緒に韓国側に輸送されました。

犬の飼育禁止令について、韓国人の反応は

北朝鮮 犬 飼育 禁止 ペット

北朝鮮の「ペット飼育禁止令」に対して、韓国の人たちからは、「犬も国を選んで生まれて来ないといけないから大変だ」「北朝鮮の犬はかわいそう」「金委員長は犬が嫌いなの?」など、さまざまな声があがっています。

一方、韓国でも犬肉を食べる伝統はまだ消滅しておらず、犬を「食肉」と見なす人と、「かわいいペット」と見なす人の間で意見が対立しています。

中国では犬肉が禁止に

また、中国においても犬の肉を食べることを禁じられたのはつい最近のことで、それまでは一部の地域で毎年「犬肉祭り」が開催されていました。

中国国内でも韓国同様、ペットブームの流れとともに犬肉を食べることに対する批判も高まっていましたが、一方で「犬肉は伝統的な食文化であり、犬肉禁止は欧米による文化の押し付けだ」と反発する声も根強くありました。

結局、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した中国では、動物からの感染症を抑えることなどを目的に、犬や野生動物を飼育して食べることが正式に禁じられました。

まとめ

北朝鮮 犬 飼育 禁止 ペット

今回は、韓国・朝鮮日報が報じた、北朝鮮当局による「ペット飼育禁止令」についてお伝えしました。禁止令の背景には、新型コロナウイルスの感染拡大による経済の困窮や深刻な食糧不足などがあり、「資本主義的思想」を取り締まり、食糧不足を補うことが目的ではないかと考えられています。

日本では、犬はペットとしてかわいがるのが当たり前という風潮がありますが、今回の事例からは、文化国の状況によって犬に対する考え方が大きく異なることが読み取れます。

犬に限らず、特にペットや家畜として飼育される動物の境遇は、常に人間の価値観に左右されてきました。他国における動物の扱いを知ることで、動物全体の扱いがどうあるべきかを考えるきっかけになるかもしれません。

関連リンク

中国が犬肉の消費を禁止。伝統の食文化にも「コロナショック」
https://cheriee.jp/column/19983/
韓国でも義務化。ペット先進国スイスのペットに関わる厳しい教育
https://cheriee.jp/column/19150/
海外と日本:ペット事情・価値観の違いを独自調査!(1)ペットフレンドリーって何だろう?
https://cheriee.jp/column/15657/
海外と日本:ペット事情・価値観の違いを独自調査!(2)見えてきたペットの価値観の違い
https://cheriee.jp/column/15808/
  • ニュース
  • 北朝鮮
  • 海外事情
  • 犬肉
  • 韓国
  • 飼育禁止

コラムに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。