59views
コラム

同居のペットが亡くなったら注意したい犬・猫の「仲間ロス」とは

Risa
Risa シェリー編集部

ペットが亡くなった時、私たちは悲しさでやる気が起きなくなったり、食欲が落ちたり、眠れなくなったりと、様々な症状が現れることがあります。

この所謂「ペットロス」ですが、実は同居していた犬や猫にも「仲間ロス」として起こり得ることをご存知でしょうか?

今回の記事では、犬や猫の仲間ロスについて、症状や対処法をご紹介します。

犬や猫にもペットロスはある?

犬,猫,ペットロス,仲間ロス

犬の場合

先祖のオオカミがそうであるように、犬はもともと群れをなして行動する動物で、仲間や家族を大切にする傾向があります。
人間である飼い主さんや同居しているペットに対しても思いやりや愛情を持ち、絆を築くことができます。

飼い主さんが長いこと出かけてしまったり、旅行に行ったりしてしまうと寂しがる犬も多いでしょう。

そんな愛情いっぱいの犬にとって、同居しているペットが亡くなってしまうというのはやはりとても悲しいことだと言えます。
2016年にWalkerらが発表した論文によると、その悲しみは亡くなったペットが自分と同じ犬であった場合も、その他の動物であった場合もほとんど変わらないといいます。

参考論文
Jessica K Walker, Natalie K Waran, Clive J C Phillips(2016).”Owners’ Perceptions of Their Animal’s Behavioural Response to the Loss of an Animal Companion”
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27827879/

猫の場合

猫はもともと単独で行動する動物なので、犬ほどは仲間に対する愛情を感じる傾向は少ないと言えるかもしれません。
確かに、猫の場合は同居ペットが亡くなっても「特に何も変わらなかった」という経験を持つ飼い主さんもいます。

一方で、同居ペットが亡くなってから体調を崩したり、急に甘えん坊になったりと、「仲間ロス」の症状を見せる猫もいるようです。

特に、もともと2匹だけを飼っていて、よく一緒に遊んだり喧嘩をしたりしていた場合には、急に相手がいなくなれば寂しくなってしまう可能性が高いと考えられます。

「仲間ロス」の症状

犬,猫,ペットロス,仲間ロス

Walkerら(2016)の論文によると、残されたペットの行動に変化が見られたのは、同居ペットが亡くなってから約6ヶ月の間でした。
そして、具体的な行動の変化の内容については、次のようなものが見られたとしています。

  • 亡くなったペットの匂いを嗅ぎ、その場から離れない。
  • 落ち着きなく室内を歩き回り、仲間を探している。
  • 飼い主から離れず、前よりも甘えん坊になる。
  • よく吠える。
  • 食欲がなくなる。
  • 体調を崩す。
  • 寝ていることが多くなり、つまらなそうにしている。

「仲間ロス」のペットに飼い主さんがしてあげられること

犬,猫,ペットロス,仲間ロス
ペットが亡くなれば、飼い主さん自身も「ペットロス」でとても辛いと思いますが、同じように「仲間ロス」を感じている犬や猫のことも気にかけてあげたいものです。

そうは言っても、亡くなったペットが帰ってくるわけではありませんから、人間のペットロスも、犬や猫の仲間ロスも、最終的には時が癒してくれるのを待つしかありません。

ここでは、時が癒してくれるまでの間に残されたペットにしてあげたいケアをご紹介します。

飼い主さんがたくさん愛情を注いであげる

仲の良いペットであれば、これまではペット同士で一緒に遊んだりじゃれ合ったりしていたことでしょう。
その相手がいなくなってしまったら、せめて飼い主さんがこれまで以上にたくさんペットとの時間を過ごしてあげることが大切です。

もちろん、乗り気でないのに無理に遊ばせる必要はありませんが、一緒におもちゃで遊んだり、気分転換に外で思いっきり走らせたりしても良いでしょう。

食欲の低下に注意する

仲間ロスの症状として、食欲が落ちることがあります。
短期間であればそこまで気にする必要はありませんが、あまり長いこと続くようであれば、健康を害する恐れがあります。

フードにペットが好きなものを混ぜたり、飼い主さんが直接手でごはんをあげるなどの工夫をしてみましょう。
長引くようであれば、獣医師さんに相談してみることをおすすめします。

飼い主さん自身が落ち込みすぎない

飼い主さんが悲しそうにしていると、特に犬の場合、犬自身も悲しい気持ちになってしまいます。
ペットが亡くなってから数日間は一緒に思い切り悲しんでも良いですが、あまり長期に渡って落ち込んでいると、その空気を察してペットはますます具合が悪くなってしまう恐れがあります。

悲しみを癒すのは大変ですが、せめてペットの前ではいつも通り、少し明るく振る舞ってあげるようにすると良いでしょう。

まとめ

犬,猫,ペットロス,仲間ロス

ペットの死は飼い主さんにとってもすごく辛いことですが、同居ペットも同じように落ち込んでしまっているかもしれません。

時が癒してくれるのを待つしかありませんが、急に甘えん坊になったペットには思い切り甘えさせてあげ、飼い主さんができる限りケアをしてあげたいものです。

また、長期的な食欲低下などは健康に良くないので、心配であれば動物病院に相談しましょう。

関連リンク

飼い犬がストレスを抱えているときに見られる行動と原因、対処法を紹介!
https://cheriee.jp/dogs/13591/
ペットが亡くなったら?知っておきたい遺体の扱い方と葬儀の仕方
https://cheriee.jp/dogs/how-to-dogs/17255/
老犬介護士という仕事。これからは愛犬の老後も考える時代に
https://cheriee.jp/dogs/17239/
【ペットロス】ペットロス症候群の飼い主への接し方と3つのポイント
https://cheriee.jp/column/6004/
大切な家族を失った人たちを救う!ペットロスカウンセラーとは?
https://cheriee.jp/column/7073/
犬がくるくる回るのはなぜ?考えられる8つの理由
https://cheriee.jp/dogs/23483/
  • ニュース
  • ペットロス
  • 仲間ロス
  • 犬猫

コラムに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。