16views
いぬお手入れ

犬も高齢になると白髪が生える!原因と対策の必要性とは?

Kei
Kei シェリー編集部

愛犬の毛の色が薄くなったと感じることはありませんか?
毎日一緒に暮らしていると分かりにくいですが、昔の写真と比べると変化に気が付くかもしれません。
犬も人間と同じように白髪が生えますが、そのほとんどが加齢によるもので問題はありません。しかし、大きなストレスや皮膚の状態が原因の場合もあるため注意が必要です。

今回は、犬の白髪について、その原因や対策をご紹介します。

犬に白髪が生える仕組み

犬,シニア,白髪
犬も人間と同じように、白髪が発生します。
髪の毛の色は、色素細胞であるメラノサイトで作られるメラニン色素によって決まります。
メラノサイトの働きが何らかの原因で低下することで、メラニン色素が正常に生成されず、白髪に繋がります。

ただし、人間のように真っ白になるわけではなく、全体的に毛の色が薄くなります。

犬の白髪の主な原因3つ

犬,シニア,白髪
犬の白髪の最も多い原因は加齢です。
しかし、若くても白髪が多かったり、急激に白髪が増えた場合は、過剰なストレスや栄養不足が原因の可能性もあります。以下では、犬の白髪の主な原因を3つご紹介します。

1.加齢

犬の白髪のほとんどが加齢によるものです。
シニア犬と呼ばれる7歳頃から白髪が増え始めますが、それよりも若くから生え始めることもあります。
加齢による白髪は顔まわりから始まることが多く、徐々に色が薄くなっていきます。

また、全ての犬に白髪が生えますが、特に白髪が生えやすい犬種は、レトリバー種や柴犬、トイプードルです。

2.ストレス

大きなストレスもまた、白髪を発生させる原因の一つになります。
日常の環境の変化、不安や恐怖などによるストレスが皮膚に影響し、被毛の色素や艶が変化します。
考えられる大きなストレス要因としては、家族構成の変化、引越し、騒音、慢性的な運動不足や睡眠不足などです。

そのほかにも、シニア犬は体力の衰えにより今までできていたことができなくなり、体調の変化により日常的に違和感を感じているかもしれません。シニア犬に合ったストレスフリーな環境の整備が大切です。

3.栄養不足

被毛の色を決めるメラニン色素の生成には栄養が必須です。被毛への栄養不足が原因で、白髪が増えることがあります。

栄養不足による白髪の場合は、なんらかの理由で血行不良が起こり、栄養が被毛まで行き届いていないか、そもそも摂取する栄養が少ないことが考えられます。

シニア犬は特に、食欲や消化吸収力が低下します。被毛の健康にはアミノ酸とミネラルが特に大切です。食事の見直しをしてみるのもありでしょう。

犬の白髪に対策は必要?

犬,シニア,白髪

加齢による白髪は自然なこと

白髪はそれ自体が悪いものではないため、加齢による白髪に特別な対策は必要ありません。

犬種差や個体差はありますが、どのみち高齢になると被毛が全体的に薄くなります。愛犬の自然な変化として、見守ってあげるのが良いでしょう。
逆に、白髪を抜いたり染めたりしてしまうと皮膚に負担がかかるため、絶対にしないようにしましょう。

体調不良が原因の場合は

犬の白髪は上記の原因の他にも、皮膚の汚れや皮膚疾患、タバコの副流煙、ホルモン、遺伝、体質などが関わっています。

若くても白髪が多い、急に白髪が増えた場合でも気にしすぎることはありません。
しかし、思い当たることがある場合や体調に違和感がある場合は、体のバランスが崩れていたり、病気が隠れている可能性があります。
動物病院に相談の上、ストレスや栄養など愛犬を取り巻く環境を改めてあげると良いでしょう。

日常でできるケア

犬,シニア,白髪
白髪に対して特別な対策をする必要はありませんが、日常の環境やお世話の見直しが白髪のケアにもなります。

①皮膚の健康を保つ

皮膚を健康に保つために、シャンプーやブラッシングを欠かさないようにしましょう。汚れの詰まりや毛玉による血流の滞りは、白髪にも影響します。
シニア犬になると体に負担になるため、シャンプーを控えることもあるかもしれません。愛犬の様子を見ながら、シャンプーシートで体を拭いたり、部分的にだけでもやってあげると良いでしょう。

②血行を良くする

毎日適度な運動をすることは、ストレス解消や血行を良くすることにつながります。
白髪が多い場所は筋肉が凝り固まって血行が悪くなっていることがあるため、マッサージをしてあげるのも良いでしょう。

まとめ

犬,シニア,白髪
加齢によって、犬に白髪が増えるのは自然なことです。過度に気にしすぎず、年齢とともに変化する愛犬を見守ってあげましょう。
加齢以外にも、過度なストレスや栄養不足など、さまざまな原因により白髪が増えることがあります。気になる場合は動物病院に相談し、愛犬の環境や食事、日常のケアの見直しを行うと良いですね。

関連リンク

犬の睡眠時間は人間より長い?睡眠時間は年齢・犬種によっても違う!
https://cheriee.jp/dogs/9373/
【獣医師監修】犬の尿の色でわかる疾患とは?日々のチェック方法
https://cheriee.jp/dogs/22670/
【獣医師監修】犬が嘔吐した!動物病院に行く前のチェックリスト
https://cheriee.jp/dogs/22580/
犬の視力低下のサインとは?視力が衰えたシニア犬のための6つの工夫
https://cheriee.jp/dogs/27138/
犬の爪が折れてしまった!犬の爪が折れる原因と対処法
https://cheriee.jp/dogs/23943/
【獣医師監修】ちょっと太り気味?愛犬のダイエットに有効な食事方法
https://cheriee.jp/dogs/21606/
  • シニア犬
  • ニュース
  • 日常のケア
  • 白髪

いぬに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。