views
いぬ犬種

日本では知られていない犬も!ヨーロッパ3カ国の人気犬種ランキング

千葉 綾 ドッグトレーナー

日本は住宅事情や犬に対する考え方から、見た目が可愛らしい小型犬が非常に人気です。しかし、ヨーロッパの人気犬種ランキングを見てみると、日本とは全く異なる傾向があることに驚かされます。

そこで、今回は2022年の「イギリス」「フランス」「ドイツ」で人気のある犬種トップ10をご紹介します。これらは多くの犬種を輩出した歴史ある国々です。そんな国々ではどのような犬種が人気なのか、想像しながらご覧ください。

伝統的な犬種を愛する「イギリス」


イギリスでは、人気のある犬種のほとんどが自国原産であり、イギリスの犬文化の歴史を感じさせられます。

犬種名 原産国
1 ラブラドール・レトリーバー イギリス
2 フレンチ・ブルドッグ フランス
3 イングリッシュ・コッカー・スパニエル イギリス
4 ダックスフンド ドイツ
5 ブルドッグ イギリス
6 ゴールデン・レトリーバー イギリス
7 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル イギリス
8 ジャーマン・シェパード・ドッグ ドイツ
9 スタッフォードシャー・ブル・テリア イギリス
10 ミニチュア・シュナウザー ドイツ

参考:Top pedigree dogs of 2022
https://crufts.org.uk/blogs/top-pedigree-dogs-of-2022/

2015年頃から、世界的に短頭犬種の人気が高まっており、イギリスでもフレンチ・ブルドッグとブルドッグが人気の上位にランクインしています。
また、トップ10のうち6犬種が自国原産の犬種であり、レトリーバーやスパニエルなどの鳥猟犬はイギリスで伝統的に愛されてきた犬種です。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルとは


7位にランクインしたイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、体高48cm~51cm、体重22kg~24kg程度の中型犬です。
「スパニエル」とは鳥猟犬の一種で、ハンターが狙いやすいように鳥を飛び立たせる役割を担います。イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、その中でも特に古い歴史を持つ犬種です。

3位にランクインしているイングリッシュ・コッカー・スパニエルは、体高38cm~41cm、体重13kg~15kgで、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルよりも小型です。かつては同じ犬種とされていましたが、体の大きさの違いから猟での役割が異なるため、19世紀後半に別の犬種とされるようになりました。

様々なタイプの犬が人気の「フランス」


フランスは、先程のイギリスとは対照的に、自国原産の犬種がトップ10にはランクインしていません

犬種名 原産国
1 オーストラリアン・シェパード アメリカ
2 ゴールデン・レトリーバー イギリス
3 スタッフォードシャー・ブル・テリア イギリス
4 ベルジアン・シェパード・ドッグ ベルギー
5 ジャーマン・シェパード・ドッグ ドイツ
6 ラブラドール・レトリーバー イギリス
7 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル イギリス
8 イングリッシュ・コッカー・スパニエル イギリス
9 アメリカン・スタッフォードシャー・テリア アメリカ
10 イングリッシュ・セター イギリス

参考:En 2022, le berger australien reste le chien préféré des Français !
https://www.centrale-canine.fr/actualites/en-2022-le-berger-australien-reste-le-chien-prefere-des-francais

フランス原産の犬種では、12位にブリタニー・スパニエル、13位にフレンチ・ブルドッグがランクインしています。フランスでは中~大型の牧羊犬や鳥猟犬の人気があり、トップ10入りした小型犬はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのみです。

驚くべきことに、フランス原産で日本では圧倒的な人気を誇るプードルがトップ20にも入っていません。このような結果から、犬に対する感覚や好みが日本と大きく異なることがうかがえます。

オーストラリアン・シェパードとは


フランスで人気No.1のオーストラリアン・シェパードは、その名前には「オーストラリアン」とついていますが、実際にはアメリカ原産の犬種です。少々ややこしい名前ですが、19世紀にオーストラリアからアメリカへやって来た羊飼いの組合によって命名されたと言われています。
この犬種は高い知性と優れた運動能力を持ち、アメリカの牧場や農場で優れた牧羊犬として活躍しました。

大きさは体高46~58cm、体重16~32kg程度の中型犬で、外見からボーダー・コリーと間違われることも多いようです。違いとしてはボーダー・コリーが自然なしっぽを持つのに対し、オーストラリアン・シェパードは生まれつき、もしくは断尾により短いしっぽを持つ個体が多くいます。
しかし、現代ではヨーロッパの多くの国では断尾をしないため、画像のような自然なしっぽを持つ犬も少なくありません。

自国の犬を愛する「ドイツ」


ドイツの人気犬種トップ10は、ほとんどが自国原産の犬種で占められています。

犬種名 原産国
1 ジャーマン・シェパード・ドッグ ドイツ
2 ダックスフンド ドイツ
3 ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター ドイツ
4 ラブラドール・レトリーバー イギリス
5 プードル フランス
6 ゴールデン・レトリーバー イギリス
7 ジャーマン・ショートヘアード・ポインター ドイツ
8 ロットワイラー ドイツ
9 ボクサー ドイツ
10 スモール・ミュンスターレンダー ドイツ

参考:Welpenstatistik der VDH-Mitgliedsvereine
https://www.vdh.de/ueber-den-vdh/welpenstatistik/

ドイツも中~大型犬が人気な国であり、特にオスの犬にはたくましさを求める傾向があるようです。実際、ドイツ国内のオス犬の名前の統計では、長年にわたり熊を意味する「Balu/Balou(バルー)」という名前が1位の座を独占しています。

スモール・ミュンスターレンダーとは


10位にランクインしたスモール・ミュンスターレンダーという犬種をご存じの方はあまりいないかもしれません。この犬種は体高50~56cm、体重18~27kg程度の中型の鳥猟犬です。犬種の起源については明確ではありませんが、ドイツ北西部のミュンスター地方がその原産地とされています。

似たような名前と容姿を持つ犬種に「ラージ・ミュンスターレンダー」という犬種が存在しますが、両者の血縁関係は近くありません。世界的には、ホワイトにブラックの斑を持つラージ・ミュンスターレンダーの方がより優雅な大型犬として人気を博しています。

まとめ


日本ではあまり一般的ではない犬種が多くランクインしていることに驚かれたかもしれません。
今回取り上げた3つの国の共通点としては、「ラブラドール・レトリーバー」「ジャーマン・シェパード・ドッグ」「ゴールデン・レトリーバー」はどの国でもランクインしており、これらの犬種が世界的に根強い人気を保っていることがわかります。

各国の人気犬種を見ながら、その国の文化や犬との付き合い方を知ることで、新たな発見があるかもしれませんね。

関連リンク

人気犬種ランキングTop5を発表!特徴や飼い方を解説
https://cheriee.jp/dogs/35222/
人気犬種ランキング第6位~10位を発表!特徴や飼い方を解説
https://cheriee.jp/dogs/35205/
1位は日本でも人気のあの犬!アメリカの人気犬種ランキング
https://cheriee.jp/dogs/35875/
【犬図鑑】あまり知られていない犬種も?!日本原産の犬たちをご紹介
https://cheriee.jp/dogs/34836/
【犬図鑑】世界最大の犬大国!イギリス原産の犬たちをご紹介
https://cheriee.jp/dogs/34960/
【犬図鑑】独特な外見と文化!中国、チベット原産の犬たちをご紹介
https://cheriee.jp/dogs/35133/
  • イギリス
  • ドイツ
  • ニュース
  • フランス
  • ランキング
  • 人気犬種
  • 犬種

いぬに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
モバイルバージョンを終了
モバイルバージョンを終了