views
エンタメ

猫カフェに行く人必見!気をつけたいポイントと猫と仲良くなる方法

yuri シェリー編集部

猫カフェは、猫好きの人にとって癒しの場所ですが、無意識に猫に嫌われるような行動をとってしまったり、お店に迷惑をかけてしまっているかもしれません。

せっかくの猫カフェでトラブルにならないためにも、事前にルールやマナーについて知っておくことが大切です。

今回は、猫カフェで楽しく過ごすために気をつけたいポイントと、猫と仲良くなる方法を紹介します。

お店のホームページを確認する


初めての猫カフェに行くときは、事前にホームページなどで注意事項や料金を確認しましょう。SNSを活用しているお店も多く、雰囲気を知るのにも役立ちます。

猫カフェにはそれぞれルールが設けられています。猫のストレスを最小限にするため、事前に行く予定の猫カフェのルールを調べておき、厳守してください。特に小さい子供の入店を制限していたり、靴下の着用を求められることもあるため、よくチェックしておきましょう。

また、予約を必須としているところもあります。

猫と触れ合うときのルール


猫と触れ合うときに猫にストレスがかからないよう、お店独自のルールが設けられています。

一般的には以下のようなことが決められていることが多いです。

  • 無理に抱っこしたり追いかけたりしない
  • 大きな音を立てたり、急な動きをしない
  • 顔や耳に触らない
  • 食べ物や飲み物を与えない
  • 眠っているときは邪魔をしない
  • フラッシュを使っての撮影はしない

また、猫カフェでは、猫たちの健康を守るため衛生面にも気を使っているので、手洗いやアルコール消毒を徹底しましょう。

猫カフェの同日のはしごはNG

2018年に、都内のとある猫カフェで「猫パルボウイルス」が蔓延しているのにもかかわらず、営業を続けており、複数の猫が亡くなりました。

猫パルボウイルスは感染力が非常に強く、ワクチンを接種すれば予防は可能であるものの、ワクチンを接種していない個体への感染率はほぼ100%、子猫が感染すると致死率は80%以上という恐ろしい感染症です。

これを受けて、多くの猫カフェでは「猫カフェのハシゴの禁止」の注意喚起を出し、該当店舗の利用者をお断りする事態となりました。

現在は騒動が収まったものの、同様のことが起こる可能性がゼロではないため、現在では猫カフェのはしごをしないことがマナーとなっています。

猫カフェを訪れる際の服装


猫カフェに行く際は、服装や身につけるものに気をつけましょう。場合によっては猫を危険にさらしてしまうこともあります。

靴を脱ぐお店では靴下を着用する

猫カフェの多くは、土足禁止で、靴下の着用を求められます。これは、人の足の裏に付着した白癬菌が猫や他のお客さんに感染するのを防止するためです。夏場はサンダルで靴下を履いてないという人も多いと思いますので、必ず持参するようにしましょう。

また、ストッキングはお店によってOKなところとNGなところがあります。猫と触れ合っているうちに猫のつめがひっかかり伝線してしまう恐れもありますので、特別な事情がない限りは靴下がおすすめです。

爪が引っかかりやすい服は避ける

ニットなどの服は猫の爪に引っかかりやすく、爪を痛めてしまったり洋服がほつれてしまったりします。猫のためにも、自分のためにも、爪が引っかかりにくい素材の洋服を選びましょう。

香水はなるべくつけない

猫は香水のような人工的なにおいが苦手なだけでなく、香水には猫にとって有害となる物質が含まれている場合があるため、つけていかないことをおすすめします。また、香りの強い柔軟剤も同様です。

ピアスやイヤリングはなるべく外す

耳元で揺れるタイプのピアスやイヤリングは、猫の好奇心を惹きつけてしまい、トラブルの原因になります。また、うっかり落としてしまうと誤飲にもつながるため、取れやすいものは厳禁です。

猫に好かれるためには


せっかく猫カフェに来たのに、猫とまったく触れ合えないのは悲しいですよね。だからといって追いかけ回してしまうと逆効果で、猫にとってはストレスになります。適度に距離を保ちながら、徐々に仲良くなりましょう。

まずは、自分の指を猫の鼻先に近づけてにおいをかいでもらいましょう。これにより、猫は相手が敵なのか味方なのかを判断します。その後、ゆっくりと顎の下や耳の付け根あたりを触ります。しっぽやお腹周りを触ると嫌われる原因になりますので注意しましょう。

また、猫の名前をやさしく呼んであげるのもおすすめです。

家で猫を飼っている人は要注意!


犬ほどではありませんが、猫も嗅覚が優れており、他の猫のにおいをまとっていると怒ったり機嫌が悪くなったりします。愛猫との関係が悪化する原因にもなりますので、もし猫カフェに行く機会がある場合は、帰宅して愛猫と触れ合う前に、シャワーを浴びたり着替えたりすると良いでしょう。

また、猫カフェで思わぬ感染症をもらってきてしまう可能性も考えられます。愛猫がワクチンを接種していないと命に関わることもありますので、注意深く行動しましょう。

最後に


猫カフェではさまざまな制約がありますが、猫が健康に過ごしていくためにはどれも欠かせません。少し面倒なことがあっても、猫のことを考えてお店の指示にはしっかり従いましょう。

猫に嫌われるような行動や服装は避け、ぜひ猫との距離を縮めてみてください。猫カフェでの体験がすてきな思い出になりますように。

関連リンク

【2024年】保護猫を譲り受けるには?東京のおすすめ保護猫カフェ
https://cheriee.jp/entertainments/23960/
自分に合う猫を飼いたい!保護猫カフェという選択をしてみませんか?
https://cheriee.jp/column/910/
猫が嫌がる飼い主さんのNG行動!仲良く暮らすために知っておこう
https://cheriee.jp/cats/37514/
愛猫が幸せに暮らすために!アニマルウェルフェア「5つの自由」とは
https://cheriee.jp/cats/36364/
怖がりな猫にはどう接する?リラックスさせるためにできること
https://cheriee.jp/cats/28712/
  • ニオイ
  • ニュース
  • パルボウイルス
  • マナー
  • ルール
  • ワクチン
  • 服装
  • 猫カフェ

エンタメに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
モバイルバージョンを終了
モバイルバージョンを終了