モルモット他の動物

モルモットってどんな動物?東京でふれあえる動物園をご紹介!

BY yuri 公開日:2019年3月15日 最終更新日:2019年3月18日
20 views

動物園のふれあいコーナーでよく見かけるモルモット。ハムスターより大きくてウサギより小さい、この動物は一体どんな生き物でしょうか?

今回はモルモットの基本的な情報と、東京の5つの動物園についてご紹介します。

モルモットとは?

モルモットの画像
モルモットは哺乳類齧歯(げっし)目テンジクネズミ科に分類されます。

体長は20〜30cm、体重は1kgほどで、両手ですくうように持つとちょうど手のひらに乗るくらいのサイズ感です。

ネズミの仲間ですが、尻尾はほとんどありません。耳は小さく丸い形をしており、目はまんまるでとてもキュートです。

平均寿命は5〜6年とされていますが、10年以上生きる子もいます。

ギネス世界記録に登録されているモルモットの最高齢は、なんと14歳10カ月と半月!個体差はあるものの、適切な健康管理を行うことで、長くお付き合いができる動物です。

モルモットは基本的に警戒心が高く、臆病な性格をしています。しかし、人に慣れてくると飼い主のうしろをついてきたり、抱っこ中に寝てしまうこともあります。

歴史と名前の由来

モルモットの画像
モルモットは南米原産で、もともとは野生だったのですが、食用として家畜化したのが始まりと言われています。

その後、ヨーロッパやアメリカへと渡り、日本には江戸時代にオランダ船で長崎に持ち込まれました。

モルモットという名前は、ヨーロッパ人がマーモットというリスの仲間と間違え、「マーモット(marmot)」が訛ってモルモットと呼ばれるようになったそうです。

また、英語では「guinea pig」、つまり「ギニア(またはガイアナ)の豚」という意味の名前で呼ばれています。確かに豚のように見えなくもありませんが、ちょっとかわいそうな気も…?

モルモットとふれあえる東京の動物園

モルモットの画像
そんなかわいいモルモットですが、どこに行ったら会うことができるのでしょうか。

ここでは、モルモットとふれあえる東京の5つの動物園をご紹介します。

上野動物園

【上野動物園ホームページ】
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/
【上野動物園ホームページ:子ども向け体験プログラム】
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/childrenszoostep/index.html

現在は子ども向けのイベントがメインですが、日によっては大人向けのイベントもあります。

詳細はホームページのカレンダーから訪問予定日をクリックして、その日のイベントを確認してください。

井の頭自然文化園

【井の頭自然文化園公式ホームページ:モルモットふれあいコーナー】
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/moru/index.html
10時~11時30分/13時30分~15時 の1日2回

ホームページに「モルモットとなかよくなるのうた」という事前学習ムービーが掲載されています。

モルモットとのふれあいには欠かせない約束事が分かりやすい動画になっていますので、一度チェックしてから行くと、よりモルモットの理解が深まります!

多摩動物公園

【多摩動物公園公式ホームページ:定例イベント】
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/event.html
【月~金】
整理券の配布時間:10時30分〜
ふれあい時間:13時~14時15分、全5回(最終回14時〜)
【土日祝】
整理券の配布時間:9時30分〜
ふれあい時間:
午前10時30分~11時45分、全5回(最終回11時30〜)
午後13時~14時15分、全5回(最終回14時〜)

多摩動物公園では整理券を配布しているので、計画的に動物園を回ることができますね。

ただし、整理券がなくなってしまうとモルモットとふれあうことが出来なくなってしまうので、整理券は早めに確保しましょう。

江戸川区自然動物園

【江戸川区自然動物園:ふれあいコーナー】
https://www.edogawa-kankyozaidan.jp/zoo/interaction/
10時〜11時45分/13時15分〜15時 の1日2回

動物園の入園料が無料ですので、気軽に立ち寄ることができます。

モルモットだけでなく、ウサギ、ヤギ、ヒツジなどともふれあえるのも魅力的な動物園です。

足立区生物園

【足立区生物園ホームページ】
http://seibutuen.jp/
10時~12時/13時30分~15時30分 の1日2回

平日は団体貸し切りが入っていることがあり、利用できないこともあります。行く前には、必ずホームページや公式Twitterをチェックするのを忘れないようにしましょう。

また、数量限定でエサ(100円)をあげることもできるので、ほかの動物園とは違った一面も見られるかもしれません。

羽村市動物公園

【羽村市動物公園:イベント案内】
http://www.t-net.ne.jp/~hamura-z/html/event.html
10時~11時30分/13時30分~15時 の1日2回

こちらの動物園では、「どきどきハンズオン」というスペースで、モルモットだけでなくヒヨコともふれあうことができます。

また、土日祝日の午後のハンズオンタイム終了後に「モルモットの大行進」を見ることができます。

ハンズオンのスペースとモルモットのお部屋にかけられた橋があるのですが、この橋をモルモットたちが渡って行く姿がかわいいと人気です。見入ってしまうこと間違いなしです!

どの動物園も時期(特に長期休み)や気候、動物の体調を考えた臨時休止などもありますので、ホームページなどで情報をチェックしてからお出かけください!

最後に

モルモットの画像
東京だけをみても、モルモットとふれあえる動物園はたくさんあります。モルモットに興味があるという方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

普段何気なく動物園のふれあいコーナーに足を運んでいる方も、モルモットの生態や歴史を少し意識しながら接することで、また新しい魅力に気付くことができるかもしれません。

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ