99views
クイズ

【クイズ】純血種の猫がかかりやすい病気を知ろう!

yuri
yuri シェリー編集部
純血種の猫は、種の特徴を維持するために近親交配が行われており、病気の原因となる遺伝子が排除されにくかったり、隠れていた病気の遺伝子が顕著になりやすい傾向があります。そのため、純血種にかかりやすい疾患を把握するのは非常に重要なことです。

本記事では、猫の純血種の好発疾患についてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、猫の純血種の好発疾患クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 手足の関節部に骨瘤(こつりゅう)ができ、骨が変形する病気はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「骨軟骨形成不全症」です。
「骨瘤(こつりゅう)」とは軟骨の塊のことで、骨瘤が発生した部位は痛みを伴います。軽度であればほとんどが無症状ですが、重症化すると歩行が困難になることもあります。

スコティッシュ・フォールドがかかりやすく、特徴的な折れ耳や、いわゆる「スコ座り」はこの疾患が原因のひとつとも考えられています。
Q.2 左心房の壁が分厚くなり、全身にうまく血液を送れなくなる病気はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「肥大型心筋症」です。
肥大型心筋症は、猫の心疾患の中ではもっとも多く見られる病気で、心房が分厚くなり内側が狭くなることで、血液を十分に送り出せなくなっていきます

初期症状は、息切れや呼吸困難、咳などで、血液が滞ると血栓もできやすくなり、命の危険があります。治療法はないため、早期発見が望ましく対症療法を施します。

メインクーン、ペルシャ猫などでよく起こります。
Q.3 筋ジストロフィーの症状として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です
正解は「関節が外れる」です。
筋ジストロフィーとは、筋骨格を形成するのに必要な「ジストロフィン」が欠如し、全身の筋肉が萎縮して歩行や運動が困難になる病気です。
主な症状は以下の通りです。
  • 筋肉が硬くなっている
  • 筋肉が震えている
  • 手足が肥大化している
  • 舌が肥大化している
  • よだれを垂らしやすい
  • 不自然な歩き方をしている
短毛種、デボンレックスなどの猫種がかかりやすく、特に幼少期やオスに多い傾向があります。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
純血種の猫がかかりやすい?代表的な遺伝性疾患を5つ紹介
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

関連リンク

純血種の猫がかかりやすい?代表的な遺伝性疾患を5つ紹介
https://cheriee.jp/cats/10677/
飼うならどっち?純血種と雑種のメリット・デメリットとは
https://cheriee.jp/column/26972/
いくつ知っていますか?猫の可愛らしい座り方と寝姿全9選!
https://cheriee.jp/cats/26130/
【獣医師監修】スコティッシュフォールドに多い疾患とその対策
https://cheriee.jp/cats/26422/
【獣医師監修】太り過ぎに注意!アメリカンショートヘアの好発疾患
https://cheriee.jp/cats/26201/
【獣医師監修】手足が短いマンチカンの好発疾患と予防法
https://cheriee.jp/cats/26961/
  • クイズ
  • 好発疾患
  • 猫種
  • 筋ジストロフィー
  • 純血種
  • 肥大型心筋症
  • 骨軟骨形成不全症

クイズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。