116views
クイズ

【犬クイズ】ヒトへ病気を媒介することも!ノミの症状や予防法とは

yuri
yuri シェリー編集部
犬を飼っているなら絶対に注意したいノミの寄生。しかし、なんとなく予防しているけど、詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。病気を予防するには、まずその病気について学ぶことが重要です。

本記事では、犬がノミに寄生されたときの症状や、ヒトにもたらす病害についてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、犬のノミクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬がノミに寄生されたときの症状として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「肥満」です。
主な症状は、咬まれることによる痒み・発赤といった皮膚炎や、ノミ抗原によるアレルギー性皮膚炎などです。

他にも、脱毛や、二次性の毛包炎(毛根を包んでいる毛穴の奥の「毛包」に起こる炎症)、脂漏症(皮膚の新陳代謝が速くなり過ぎてしまい、皮脂腺の分泌や皮膚の角化が異常に進んだ状態)がよく認められます。

また、激しい痒みのために、ノミ寄生部位をよく咬む、引っ掻くなどの行動が見られ、精神不安定、体重減少、被毛不良が起こり、重度になると貧血が見られます。
Q.2 ノミによって媒介される感染症として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「フィラリア症」です。
フィラリアは、蚊の媒介により感染します。

ノミはさまざまな感染症を媒介し、瓜実条虫症、ペスト、発疹熱はその代表例です。

日本国内において、ペストは1926年以降発生や輸入例はなく、発疹熱も数例のみの報告で留まっています。一方で、瓜実条虫症は比較的よく見られる感染症で、小児や子犬が感染すると激しい下痢を示すことがあるため、注意が必要です。
Q.3 犬のノミについて「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です
正解は「予防には、年に一度のワクチン接種が必要」です。
ノミの予防は、月に一度薬剤を投与して体表に寄生しているノミの駆除を行います。薬は、体に垂らすタイプと、飲むタイプがあります。家庭内の環境はノミの発育にとって非常に快適で、持ち込まれると爆発的に増加するため、予防はしっかりしましょう。

よく寄生する部位は背中、下腹部、脇、内股です。寄生数が少なくてもアレルギー反応が起こるため、ノミを目視できない場合は、血液によるアレルギー検査を行い診断の助けにすることがあります。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【獣医師監修】ノミの放置で人にも?ノミ予防で愛犬も飼い主も健康に
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

関連リンク

【獣医師監修】ノミの放置で人にも?ノミ予防で愛犬も飼い主も健康に
https://cheriee.jp/dogs/21411/
【獣医師監修】愛犬のマダニ対策がさまざまな病気の予防に!
https://cheriee.jp/dogs/21410/
【獣医師監修】犬が体を痒がる原因は?動物病院を受診すべき?
https://cheriee.jp/dogs/23128/
【寄生虫】犬だけでなくヒトにも病害を与える瓜実条虫とその予防法
https://cheriee.jp/dogs/21196/
ヒトに感染する危険も?絶対に予防したい犬鉤虫(こうちゅう)症とは
https://cheriee.jp/dogs/21127/
【犬編】ワクチン・駆虫薬で予防できる病気と、その他の病気の予防法
https://cheriee.jp/dogs/28254/
  • アレルギー
  • クイズ
  • ノミ
  • 人獣共通感染症
  • 寄生虫

クイズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。