332views
いぬのお手入れ
  • お風呂
  • シャンプー
  • ペット
  • やり方
  • 冬場
  • 寒い
  • 頻度

冬でも月1回は必要!寒い季節、犬にシャンプーをするときのやり方まとめ

和田 千智
和田 千智 シェリー編集部

皆さんは、冬場における愛犬のシャンプーはどうしていますか?

「汗をかかないからシャンプーは要らないでしょ」「身体が冷えてしまって可愛そう」そう思って、冬場のシャンプーを控えている飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、ワンちゃんにとっては、冬でも月に1回のシャンプーが必要と言われています。本記事では、冬場でもシャンプーが必要な理由と、そのやり方についてご紹介します。

冬でもシャンプーが必要な理由

犬の皮膚には皮脂がいっぱい

犬の皮膚の表面では、皮脂が分泌され、乾燥を防ぎ潤いを保つ役割をしています。良い効果をもたらす一方、皮脂に外からのホコリがくっつき、垢や汚れとして皮膚に残ってしまいます。

これらは、新陳代謝を妨げてしまったり、菌の好む場所になってしまったりと皮膚トラブルを招いてしまいます。冬でも定期的なシャンプーを行うことで、皮膚の新陳代謝を高め、皮膚を清潔に保つことができるのです。

犬も汗をかく

「犬は舌から熱を放出するから、全身から汗をかかないのでは」と思っている方も多いでしょう。確かに犬は、水状の汗を出す「エックリン汗腺」が、足裏や鼻先など、身体のごく一部にしかありません。しかしそれは、犬が汗をかかないという意味ではありません。

代わりに犬は、「アポクリン汗腺」という白いアブラ状の汗を分泌する汗腺を全身に持っています。先ほどお伝えした皮脂もこのアポクリン汗腺から分泌されるのですが、皮脂同様、アブラ状の汗も放置しておくと皮膚トラブルや臭いトラブルの原因になります。

冬場も定期的にシャンプーをして、皮脂やアブラ汗を取り除いてあげることは大事なことだと言えるでしょう。

短い時間でシャンプーを済ませるために

冬でも犬にとってシャンプーは必要なものだと分かりましたが、やはり冬の水場は冷えやすいですよね。濡れた身体が冷えることによって風邪を引いてしまうワンちゃんも少なくありません。

ですから、なるべくシャンプーの時間を短くすることが重要です。丁寧に、かつ短い時間でシャンプーをするための鍵は、「シャンプー前のブラッシング」です。

シャンプー前のブラッシング

シャンプー前に丁寧なブラッシングを行うことで、毛玉を取り除き、毛のかたまりを無くすことができます。くし通りが良い状態でのシャンプーはとても楽ですし、時間も短くて済みます。これで犬への負担を軽減することができます。

普段、飼い主さんがあまり触れない場所(後ろ足や内股)や首輪で隠れている首付近なども念入りにブラッシングしてあげましょう。

タオルドライをしっかり

シャンプーの時間とは関係ありませんが、タオルドライをしっかりすることで、ドライヤーの時間も短くできます。

ドライヤーを当てることは犬にとって負担になるので、冬場に限らずなるべく短い時間で行えるように配慮しましょう。

ワンちゃんが冷えないように

部屋を暖めておく

濡れた体で寒い部屋にいると、わんちゃんが風邪を引いてしまいます。タオルドライやドライヤーは、暖かいお部屋で行いましょう。

また、シャンプー中のお風呂場も暖房があると良いです。お風呂場に暖炉がない場合は、湯船にお湯を張って蓋を開けておくと良いでしょう。暖かい蒸気でお風呂場を温めることができますよ。

ドライヤーはお腹から

ドライヤーはまず、冷えやすいお腹から始めます。

生乾きの状態は、体が冷えやすいだけでなく、皮膚トラブルや匂いの原因になってしまいます。毛の表面だけを乾かすのではなく、根元からしっかり乾かしましょう。

人間も同様ですが、同じ場所に長時間ドライヤーを当て続けてしまうと、ヤケドの原因にもなってしまいます。なるべく短時間で効率よく乾かすには、慣れも必要です。いきなり全身から始めるのではなく、まずは散歩帰りに脚だけチャレンジしてみるというのもオススメです。

シャンプー後のブラッシングも忘れずに

先ほど、シャンプー前のブラッシングがシャンプーの時短のために大切なことをお伝えしましたが、シャンプー後のブラッシングも重要です。

仕上げにブラッシングをしてあげると、被毛の中に空気の層ができます。この空気の層が、保温効果をもたらします。寒さ対策だけでなく、毛をフワフワにする効果もあるのでぜひ実践してみてください。

シャンプー嫌いにならないように


冬の時期のシャンプーは、飼い主さんも億劫になりがちですよね。

また、しっかりと知恵を持ってやってあげないと、わんちゃんが風邪を引いてしまいかねません。さらには、余計なニオイが付いてしまうことも。。

わんちゃんがシャンプーを好きになってくれるように、飼い主さん自身が定期的に行ってみても良いかも知れません。シャンプーはトリミングに行かないとできないものでもありません。実際、ご自宅のお風呂場でチャレンジしている方も数多くいらっしゃいます。

この機会に、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。

いぬに関する記事