135views
いぬのグッズ
  • イースター
  • イースターエッグ
  • イースターバニー
  • イベント
  • うさぎ
  • ペット

今年は愛犬と楽しむイースター。春を楽しみ尽くそう!

Chisato
Chisato シェリー編集部/ライター

日本でも、徐々に名前を聞くようになってきた春のイベント「イースター」。

「かわいいうさぎとカラフルな卵、というイメージがある」という方も多いかもしれません。

この記事では、ペットとイースターを楽しむためのアイディアと、海外でのイースターについてをご紹介いたします。

イースターっていつ?

イースターエッグ
「イースターといえばなんとなく春っぽいイメージはあるけれど、具体的にいつなのかは分からないなぁ」というあなた。

その感覚は正しいともいえます。なぜならイースターの日付は毎年異なり、クリスマスのように決まった日付ではないからです。

イースターは「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」と定められており、最大で1カ月ほどのズレが生じることもあるそう。

日本を含め、世界的に多く使われているグレゴリオ暦では、2019年今年のイースターは【4月21日】です。

イースターってなに?

うさぎとイースター
では、そもそもイースターとは何の日なのでしょうか。

イースターは、キリスト教世界ではとても重要な日で、日本語訳をすると「復活祭」という意味です。

イエス・キリストは十字架に架けられて亡くなったあと、3日後に復活をしたと言われています。この復活の日をお祝いするのが「復活祭」なのです。

海外ではどんなことをするの?

イースターの日には、いつもより豪華な食事を食べたり、イースターならではの遊びや飾り付けをします。

卵とうさぎの意味とは?

青いトンネルとうさぎ
カラフルに彩られたイースターエッグを目にすることも多いかと思いますが、これには意味があります。

卵は「生命の誕生、始まり」を意味します。イエス・キリストが一度亡くなって復活する様子を、「死」という殻を割って生まれ変わる様子と重ねられています。すなわち、キリストの復活を意味しているということです。

また、イースターではうさぎ(イースターバニー)もよく見かけますが、これはうさぎが多産なことと関係があります。うさぎは、かつてから豊穣(ほうじょう)や繁栄のシンボルとされてきたことから、「生命の誕生」の意味合いが持たれていると言われています。

エッグハント

エッグハント
イースターエッグを公園やお庭に隠してみんなで探す、という「エッグハント」という遊びも有名です。

イースターの時期には、エッグハント用のバスケットが売られています。

このバスケットを持って、子供たちは隠された卵を見つけて楽しみます。

ペットと一緒に楽しもう

うさぎとイースターエッグ
「いつもなんとなくイースターを過ぎてしまっていた」という方も、今年はペットと一緒に楽しんでみませんか?

ここからは、イースターを愛犬と一緒に楽しむアイディアをご紹介いたします。

愛犬とエッグハント


先ほどご紹介した「エッグハント」を愛犬と一緒に楽しむのも良いですね。

愛犬とゲームをしてともに楽しむ時間は、最高のひとときになること間違いなしです。

かわいいお洋服

こちらは「彩のとき」というイベント内で撮影されたイースターのお写真です。

かわいいお洋服に身を包まれたわんちゃん。とっても素敵なお写真ですよね。

その周囲にはうさぎのオブジェなども見えます。今年はいつもと違って、こんな風にイースターのかわいい飾り付けやお洋服を楽しんでみるのも良いかもしれません。

グッズ

せっかくのイースターなので、かわいい卵のグッズを選んでみるのも良いでしょう。

愛犬の、卵を抱えるかわいい姿を写真におさめることができるかもしれませんね。

犬は卵を食べてもいいの?

白い卵
イースターといえば卵ですが、犬は卵を食べても大丈夫なのでしょうか。結論から言いますと、生卵は犬にあげないようにしましょう。

生卵の白身に含まれている「アビジン」は、ビタミンの一種「ビオチン」に結合しその吸収を阻害します。ビオチンは皮膚や毛などを健康に保つための重要な成分であり、欠乏すると皮膚炎を発症するなど犬に悪影響を与える可能性があります。

一度食べたくらいですぐに欠乏症になることはないとされていますが、一般的には犬に生卵は与えない方が良いとされています。

アビジンは熱を加えることでビオチンと結合しなくなりますので、加熱すれば問題ありません。また、おなかを下す危険やサルモネラ菌での食中毒といった危険性もあるので、与えるなら加熱したものにしましょう。ゆで卵は、犬に与えても基本的には大丈夫だと言われていますが、アレルギーを持つ犬もいるので様子を見ながら与えましょう。

何か異変があった場合には、すぐに動物病院を受診されることをおすすめします。

今年は愛犬と楽しむ

卵とうさぎ、イースター
海外のイースターでは、ゲームで盛り上がったり、家族でピクニックを楽しんだりと、素敵な行事となっています。

日本でも徐々に知名度をあげてきているので、イースターの飾り付けやホームパーティにチャレンジしてみる今年にしてみても良いでしょう。

イースターを通じて、愛犬との絆をさらに深めてはいかがでしょうか。

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。

いぬに関する記事