222views
いぬ犬種

【犬図鑑】シェットランド・シープドッグの歴史、性格、飼い方

Risa
Risa シェリー編集部

美しい毛並みと、穏やかで賢い性格が特徴のシェットランド・シープドッグ(Shetland Sheepdog)「シェルティ(Sheltie)」の愛称でも親しまれています。

日本だけでなく、世界でも人気の犬種ですが、どのような特徴があるのでしょうか?

今回の記事では、シェットランド・シープドッグの歴史や身体的特徴、性格、好発疾患、飼い方のポイントなどについてご紹介します。
これからシェットランド・シープドッグを飼おうと思っている方はもちろん、すでに飼っているという方も、ぜひ参考にしてくださいね。

シェットランド・シープドッグの歴史

シェットランド・シープドッグ,シェルティ,犬,犬種,飼い方,歴史,性格,特徴
シェットランド・シープドッグは、もともとはイギリス最北端にあるシェットランド諸島が原産の牧羊犬です。

ボーダー・コリーの祖先やラフ・コリーなどとの交配を経て、徐々に小型化されていったと伝えられています。これは、シェットランド諸島の気候条件が非常に厳しく荒涼とした土地だったため、少ない飼料でも飼育できるようにすることが目的だったと言われています。

19世紀の終わり頃、シェットランド諸島を訪れたイギリス海軍の兵士が犬を持ち帰るなどして、イギリス本土でも人気になりました。

1909年に、イギリスのケンネルクラブに「シェットランド・コリー」として登録されましたが、外見がよく似たラフ・コリーなどとの混同を避けるため、「シェットランド・シープドッグ」という名称に変更されました。

シェットランド・シープドッグの身体的特徴

シェットランド・シープドッグ,シェルティ,犬,犬種,飼い方,歴史,性格,特徴

大きさ

見た目はラフ・コリーによく似ていますが、大きさはラフ・コリーよりもふた回りほど小さいです。

  • オス:体高 37cm前後、体重 9~12kg
  • メス:体高 35.5cm前後、体重 8~11kg

被毛

被毛は、長く真っ直ぐなオーバーコートと、短くて密生したアンダーコートのダブルコートです。
毛色は様々ですが、ジャパン・ケネル・クラブに公認されている毛色の種類は以下の通りです。

  • セーブル
    薄いベースの色に黒色が入る毛色で、もっとも定番の色です。
    ベースの色の濃さは様々で、金色に近い薄めの茶色がベースとなるピュアセーブルと、マホガニーがベースとなるヘテロセーブルなどがあります。

  • トライカラー
    ホワイト、ブラック、タンの3色から成る毛色です。
    ジャパン・ケンネル・クラブでは、ボディはブラックで、目の上、頬、足などに濃いタンが入っているのが望ましいとしています。

  • ブルーマール
    ベースカラーは美しいシルバー・ブルーで、ところどころに黒い斑が散らばる毛色です。大理石のような見た目が特徴的です。
    なお、ブルーマール同士を交配すると先天性疾患を抱えた子が生まれる可能性が高く、繁殖は禁止されています。

  • ブラック&ホワイト/ブラック&タン
    その名の通り、ブラックとホワイト、またはブラックとタンの2色で構成された毛色です。いずれも珍しい色ですが、特にブラック&タンは滅多に見ることができません。

シェットランド・シープドッグの性格

シェットランド・シープドッグ,シェルティ,犬,犬種,飼い方,歴史,性格,特徴

穏やかで優しい

基本的には、穏やかで優しい性格が特徴です。
飼い主の指示に応じてたくさんの羊を監督していたことから、とても賢い犬種でもあります。

忠実だが警戒心も高い

飼い主に対して忠実で甘えん坊ですが、警戒心が強く、飼い主以外の人や他の犬に吠えやすい犬種です。見慣れない人や物に敏感になりやすいのは、牧羊犬として広い農場で見張りをしていた経験が関係しています。

特に、子犬の頃にしっかりと社会化をし、上手にしつけができれば、他の人や犬に対して警戒心をむき出しにすることがなくなります。

我慢強さがストレスの元

また、甘えん坊で優しい反面、繊細で我慢強い一面もあるようです。
飼い主さんが忙しそうにしていたり、小さい子がいたりすると、本当は甘えたいのに我慢してストレスを溜めてしまうことがあります。

積極的に甘えにこなくても、しっかり甘えさせてあげましょう。

シェットランド・シープドッグの好発疾患

シェットランド・シープドッグ,シェルティ,犬,犬種,飼い方,歴史,性格,特徴

飼い主さんは、犬種ならではの疾患を把握しておきましょう。

  • コリーアイ症候群:先天性疾患で、重度になると失明することもある。
  • 関節疾患:関節リウマチや膝蓋骨脱臼、股関節形成不全など。
  • 腫瘍:膀胱、鼻腔、精巣などに腫瘍ができやすい。
  • 消化不良:遺伝的に見られることがある。
  • 皮膚病:アトピー性皮膚炎、皮膚の血流障害、淡色被毛脱毛症など。

シェットランド・シープドッグの飼い方のポイント

シェットランド・シープドッグ,シェルティ,犬,犬種,飼い方,歴史,性格,特徴

1. 散歩、運動は十分に

もともと牧羊犬だったため、走り回るのが大好きです。毎日朝と夜に、それぞれ30分程度の散歩をしましょう。

時々ドッグランに連れて行ってあげるのも良いです。なお、ドッグランに連れて行った際、他の犬と遊ばず、牧場を走り回るようにドッグランの柵沿いを走ったり犬たちに吠えて追い立てることがあるかもしれません。他の人や犬に迷惑がかからない程度に、本能の赴くままに走らせてあげましょう。

身体能力が高くてとても賢いので、ドッグスポーツにも適しています

2. おもちゃも使って、たくさん遊んであげる

先述した通り、シェットランド・シープドッグは飼い主さんに甘えたいのに遠慮して我慢してしまうことがあります。

我慢を続けるとストレスが溜まってしまうので、飼い主さんはなるべくたくさん遊んであげることを心がけてください。
長時間家を空けたり、散歩や遊びの時間を十分に確保してあげられない方には向かない犬種だと考えましょう。

また、とても賢くて頭を使うのが好きな犬種でもあるので、知育玩具を使って遊んであげるとなお良いです。

Kong(コング)
¥806 (2021/09/20 05:11:24時点 Amazon調べ-詳細)

3. 車輪に吠えたり、追いかけることがある

牧場への侵入者などに吠えていた名残で、散歩中に素早く横切る自転車などに反応して、吠えたり追いかけたりすることがあります。
交通事故にあってしまう危険性もあるので、マテやアイコンタクト、ヒールウォークなどのトレーニングを徹底しましょう。

4. お手入れの目安

ブラッシングの目安は、週に2回程度です。換毛期は特に抜け毛が多いので、毎日ブラッシングをしてください。

シェットランド・シープドッグは毛の長い犬種ですが、トリミングは必要ありません。足裏の毛やお腹の毛が伸びてきたら、定期的にカットしてあげましょう。

シャンプーは月に1回程度が目安です。

まとめ

シェットランド・シープドッグ,シェルティ,犬,犬種,飼い方,歴史,性格,特徴

今回は、シェットランド・シープドッグの歴史や特徴、飼い方などをご紹介しました。

もともと牧羊犬だったことから、賢くて忠実な反面、やや警戒心が強く、人に吠えたり自転車を追いかけてしまうこともあります。飼い始めた時からしっかりとしつけをすることが大切です。

また、運動をしっかりさせてあげたり、甘えさせてあげることも重要です。愛犬と過ごす時間を十分に確保できるなら、ぜひシェットランド・シープドッグを迎え入れることを検討してみてくださいね。

関連リンク

【犬図鑑】初心者には難しい?シベリアン・ハスキーの特徴と飼い方
https://cheriee.jp/dogs/27041/
【犬図鑑】性格が良い?飼いやすい?ポメラニアンについて徹底解説!
https://cheriee.jp/dogs/2096/
【犬図鑑】ダックスフンドは毛の長さで性格が変わるってホント?
https://cheriee.jp/dogs/2187/
【初心者必見】これだけは抑えておきたい6つの「犬の散歩マナー」
https://cheriee.jp/dogs/11421/
犬の気持ちを読み解くボディランゲージとは?
https://cheriee.jp/dogs/8062/
  • シェットランド・シープドッグ
  • シェルティ
  • ニュース
  • 性格
  • 歴史
  • 特徴
  • 犬図鑑
  • 犬種
  • 飼い方

いぬに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。