views
いぬ飼い方

台風が怖い!愛犬の恐怖心を和らげる方法と事前の対策とは

千葉 綾
千葉 綾 シェリー編集部

台風は毎年多くの被害をもたらすため、台風の予報が出るたびに不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。犬にとっても台風は危険で、強烈な風雨や雷を怖がる犬も少なくありません。

そこで、この記事では犬が台風を怖がる時の対処法や、台風の前後で気をつけたいこと、事前にできる対策などをご紹介します。

なぜ犬は台風を怖がるのか

トレーニング,レプトスピラ症,台風,対処法,恐怖心,注意,犬,飼い方

動物は自己防衛のため、生命に危険を及ぼす対象を回避する本能があります。人間も犬も、雷に打たれたり、強風で飛ばされてきた物によって、命を失う可能性があります。そのため、雷や風が怖いと感じるのは、多くの動物にとって自然な反応です。

特に犬の場合は優れた聴覚により、人間が気づかないような遠くの雷の音や、悪天候での聞き慣れない音に不安を感じることがあります。また、犬は社会性の高い動物であるため、飼い主や家族が台風の影響で不安を感じていると、それに影響されやすくなります

台風予報が出たらすべきこと

トレーニング,レプトスピラ症,台風,対処法,恐怖心,注意,犬,飼い方

天気予報でお住まいの地域に台風が接近しそうな場合は、次の対策を取りましょう。

外飼いの犬は室内へ

頑丈な犬舎で飼っている場合は別ですが、一般的に犬小屋と呼ばれる場所を寝床にしているような犬の場合は、台風の間だけでも室内で過ごさせることをおすすめします。いくら犬小屋があっても台風による激しい風雨を防ぐことは難しく、小屋の倒壊や浸水、強風で物が飛ばされてくるなど、多くの危険があります。

犬が台風を怖がっている時の行動

トレーニング,レプトスピラ症,台風,対処法,恐怖心,注意,犬,飼い方

犬が台風を怖がっている場合は、次のような行動を取ります。

  • 震える
  • ハァハァと荒い呼吸をする
  • 尻尾を足に巻き込む
  • 飼い主の後ろをついてくる
  • 飼い主に抱っこを要求する
  • カーペットやトイレシーツを掘る
  • ソファやベッドの下に隠れる
  • 窓のない脱衣所や浴室などに避難する

適切な対策をとり、恐怖心を和らげてあげましょう。

犬が台風を怖がっている時の対処法

トレーニング,レプトスピラ症,台風,対処法,恐怖心,注意,犬,飼い方

犬が台風を怖がっている様子を見せたら、次のような方法で不安を軽減させてあげましょう。なお、この対処法は花火を怖がる犬の場合にも応用できます

1.窓とカーテンを閉める

犬が怖がる要因となる、光る稲妻、大きな雷鳴や風雨の音を、なるべく遮ってあげましょう。

2.テレビや音楽の音を流す

犬が雷や風の音を怖がっている場合は、それらが聞こえにくくなるような音を流して、気を紛らわせると効果的です。

3.タオルなどで包んでホールドする

犬には、ホールドされると気持ちが落ち着く習性があります。普段の抱っことは少々違い、タオルなどに包んで全体的に均等に、軽く圧力をかけるように抱くと落ち着くことがあります。

洋服を着慣れている子は、少しキツめの洋服を着せると同様の効果が得られる場合もあります。また、「サンダーシャツ」と呼ばれる、特に雷に対して恐怖を感じる犬に向けた商品もあり、犬によって反応は異なりますが、一定の効果はあるようです。

4.クレート慣れしている犬はクレートへ

怖がりの犬の中には、怖くてもクレートの中なら安心できる子もいます。ただし、不安な時は思考が安定しておらず、一旦クレートに入ってみたけれど、やはり飼い主の側がいいなどと犬が思い直すこともあるため、クレートの扉は開けっ放しにしておきましょう

5.脱走しないように十分な注意を

台風の音や雷による恐怖で犬がパニックに陥ると、脱走してしまう可能性があります。パニック状態で外に逃げ出すと、捕まえることが難しくなりますので、屋外に繋がるドアの開閉には十分に注意しましょう。

台風が過ぎ去った後も注意したいこと

トレーニング,レプトスピラ症,台風,対処法,恐怖心,注意,犬,飼い方

台風が過ぎ去った後、特に散歩の時には次のようなことに注意しましょう。

散乱した危険物

大きな台風の後は、風で様々な物が飛ばされ、散乱している場合があります。その中には、踏むとケガをするような危険な物も含まれている可能性がありますので、十分注意しましょう。

台風の後の水たまり

台風や洪水の後にできる「水たまり」は、人獣共通感染症の「レプトスピラ症」の感染源になりやすい場所です。レプトスピラ症はネズミなどの尿に汚染された水や土壌に接触することで、口や皮膚の小さな傷から感染します。

レプトスピラ症をワクチンで予防する方法もありますが、レプトスピラには多数の血清型があり、ワクチンで予防できるものは限られてしまいます。そのため、水たまりや台風により崩れた土壌、川などの感染リスクが高い場所には近づかないように注意しましょう。

事前の対策で台風に備えよう

トレーニング,レプトスピラ症,台風,対処法,恐怖心,注意,犬,飼い方

事前に対策を取ることで、愛犬の恐怖心を少しでも減らしてあげましょう。

音に慣れさせるトレーニング

恐怖の対象となる音に対する犬の反応を徐々に減らしていく方法があります。動画サイトやCDなどで暴風や雷の音の音源を用意し、小さな音で再生し、徐々にボリュームを上げていきます。犬が怖がらない程度の大きさで、少しずつ音を大きくしていくのがポイントです。これは「系統的脱感作」と呼ばれるトレーニング方法です。

さらに、音がしている間におやつやおもちゃを与えることで、トレーニングの効果を高められます。これは、犬が怖い音(不快)を聞いている時に、おやつ(快)を与えることで、音に対する不快感を和らげる効果がある方法です。「拮抗条件付」と呼ばれるトレーニング方法です。

※音に慣れさせるトレーニングについては、こちらの記事もご覧ください

愛犬が怯えないために対策を。生活音や環境音の音源集9選
https://cheriee.jp/dogs/20273/

恐怖心が強い場合は獣医師に相談を

次のような行動を取るようであれば、恐怖に対する反応が強いと言えるでしょう。

  • ヨダレを垂らす、泡をふく
  • 聞き慣れた生活音にも過剰に反応する
  • 破壊行動に出る
  • 自傷行為をする
  • 家族に対し、攻撃的になる
  • 失禁する

このような行動が見られる場合、医学的な緩和ケアが必要になります。かかりつけの獣医師に相談しましょう。

まとめ

トレーニング,レプトスピラ症,台風,対処法,恐怖心,注意,犬,飼い方

台風が来た時、幼少時の社会化や生まれながらの性質により平然としている犬もいますが、台風は犬にとって生命の危機を本能的に感じる対象ですので、怖がる犬も少なくないでしょう。

正しい対処法を講じることで、少しでも恐怖心を和らげてあげたいものです。愛犬のためにも事前のトレーニングや対処法を知ることは非常に大切ですね。

関連リンク

災害時にも役立つ!愛犬とやっておきたい「クレートトレーニング」
https://cheriee.jp/dogs/35161/
【犬の防災】命を守るために!今すぐ始めたいしつけと災害対策
https://cheriee.jp/dogs/27538/
雨の日はなんだか元気がない?気圧・天候がペットに与える影響とは
https://cheriee.jp/cats/25563/
災害の時、ペットと避難をするために。もしものために備えておくべきこと
https://cheriee.jp/column/8650/
犬が雷の音を怖がってパニックに!原因と7つの対策を解説
https://cheriee.jp/dogs/28332/
大雨・洪水後の犬の散歩に要注意!ヒトにも感染するレプトスピラ症とは
https://cheriee.jp/dogs/27125/
  • トレーニング
  • レプトスピラ症
  • 台風
  • 対処法
  • 恐怖心
  • 注意

いぬに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。