119views
エンタメ
  • インスタグラム
  • ペット
  • 写真
  • 大豆
  • 節分
  • 豆まき

節分を犬と一緒に楽しもう!注意すべき点と可愛い写真アイディア

Risa
Risa シェリー編集部/ライター

2月といえば「節分」。節分といえば豆まきですが、犬も一緒に豆を食べても大丈夫なのでしょうか。

今回は、犬に大豆を食べさせるときの注意点、そして、犬と一緒に節分を楽しむ方法をご紹介します。

大豆をあげるときの注意点

節分
犬に大豆をあげる際には注意が必要です。どんなことに気をつけるべきなのか、順番に見ていきましょう。

食物アレルギー

人間には大豆アレルギーの人がいますが、犬の中にも大豆アレルギーを持った犬がいます。ごく稀ではありますが、こういったこともあるということは留めておいてください。

主な症状には、下痢や嘔吐、目の充血、皮膚のかゆみなどがあります。

ドッグフードに大豆が含まれていることもあるので、様子がおかしいと思ったらすぐに獣医師に相談しましょう。

また、食物アレルギーは生まれつき持っている先天性のものと、長期間同じ食材を食べて発症してしまう後天性のものがあります。これは大豆に限った話ではありませんが、生まれつきのアレルギーがない場合もあげすぎるとアレルギーになってしまうことがあるのです。

食物アレルギーの症状が現れないからといって、油断をしてあげすぎてしまわないように気をつけましょう。

喉に詰まらせないように

アレルギー同様、犬も人間も気をつけるべきことが誤嚥です。特に食道の狭い小型犬や、普段ごはんやおやつをあまり噛まないで食べてしまう犬は注意が必要です。

また、大豆はそれほど消化に良いものではありません。そのため、大豆を食べさせるときは、なるべく細かく砕いてあげるようにしましょう。ミキサーにかけて、ペースト状にするのも良いですね。

特に、普段のエサの食いつきを見て、丸飲みする傾向がある場合には、誤嚥に注意してください。

生の大豆は毒

生の大豆には、トリプシン・インヒビターという成分が含まれており、この成分は犬にとって毒性が高いため、絶対に犬に生の大豆を与えてはいけません。

大豆は必ず加熱したものを与えるようにしましょう。

大豆の代わりになるもの

「犬と豆まきで遊びたい!でも大豆を食べさせるにはいろいろと注意が必要…。一体どうすればいいの?」

そう思った方も多いのではないでしょうか。

そこで、大豆の代わりにボーロやフードなどを使ってみてはいかがでしょうか。

犬用ボーロも販売されているのでチェックしてみてくださいね。


犬と一緒に節分を楽しむアイディア

節分犬
節分を楽しむためのユニークな仮装グッズをつかって、ワンちゃんの写真を撮影をしてみましょう。

今回は、Instagramから写真のアイディアをいくつかご紹介します。

こちらの写真は、鬼のコスチュームがとてもかわいらしいですね。背景の赤やのり巻きの装飾が、節分らしさを引き立たせています。

手作りのツノが素敵な一枚です。コスチュームを買うのもよいですが、手作りでオリジナルを楽しむのもよいですよね!

View this post on Instagram

@mamoru_k.kがシェアした投稿

なんとワンちゃんが恵方巻きの具に…! 家にあるものを上手に使って、ユニークな写真にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Amazonでもいろいろなグッズが販売されているのでチェックしてみてくださいね。

なお、写真を撮るときはあまり時間をかけすぎず、ワンちゃんのストレスにならないように気をつけましょう。


最後に

おに
犬に大豆を食べさせるときは、アレルギーや誤嚥などにじゅうぶん気をつけるようにしましょう。また、大豆にそこまでこだわらない、という人は、代わりにボーロやフードをつかうと安心です。

今年の節分は、大切なワンちゃんと一緒に思い出に残るひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。

エンタメに関する記事