1,293views
クイズ

【犬クイズ】最低限知っておくべき、犬にとって危険な食べ物とは?

yuri
yuri シェリー編集部
私たちが普段食べている食材の中には、犬にとって有害なものがたくさんあります。
少量与えただけでも死に至るケースもあるため、絶対にあげてはいけないものは最低限知っておくべきでしょう。

「知らないで、あげてしまっていた…」なんてことのないように、最低限の知識をクイズで学びましょう。

それではさっそく、危険な食べ物クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 犬に与えても問題のない食材はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「ゴーヤ」です。
ネギ類には「アリルプロピルジスルファイド」という成分が含まれており、摂取すると死に至る危険性があります。この成分は加熱をしても壊れないため、スープに溶け込んだ玉ねぎのエキスだけでも危険です。

ゴーヤにはビタミンやカリウムが豊富に含まれ、免疫力向上や便秘解消などに効果があります。生のままだと消化しにくいため、なるべく加熱して与えましょう。また、ゴーヤの種は消化できませんので、必ず取り除いてください。
Q.2 犬に与えても問題のない食材はどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「リンゴ」です。
ブドウは摂取してから2−3時間ほどで、嘔吐や尿が出なくなったり多く出すぎたりなどの症状が現れ、その後急性腎不全になってしまうことがあるようです。レーズンは、ブドウを圧縮しているものなので、こちらも同様に危険です。
ナッツ類は脂肪分が多く消化されにくい食べ物です。その中でもマカダミアナッツは、食べてから12時間以内に中毒症状を引き起こします。

リンゴに多く含まれる「ペクチン」は、腸内環境を整え便通を良くする効果があります。シニア犬にはすりおろして与えてもいいですね。ただし、リンゴの種や芯には中毒症状を引き起こす物質が含まれていますので、必ず取り除きましょう。
Q.3 犬に与えても問題のないものはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「オリーブオイル」です。
チョコレートに含まれている「テオブロミン」は、興奮剤の働きをし、嘔吐、下痢、痙攣などの症状を引き起こすことがあります。
キシリトールは、低血糖を引き起こし、肝不全などを招きます。キシリトールガム1個でも危険ですので注意しましょう。
犬はアルコールを分解できません。そのため酔いがまわると、呼吸回数の低下、呼吸困難、最後は昏睡状態へと陥ります。少量でも死に至ることがあるため、絶対に与えてはいけません。

オリーブオイルにはオレイン酸やポリフェノールが含まれており、犬の皮膚や毛の健康維持に役立ちます。
問正解/ 問中
    「食べてもいい」とご紹介した食べ物も、アレルギーの有無によっては与えてはいけない場合もあります。
    初めて与える際は少量から試すようにし、例え大丈夫だったとしても一度に過剰な量を与えないよう気をつけてください。

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
最低限知っておくべき、危険な食べ物リスト【犬猫版】
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!
  • アルコール
  • アレルギー
  • 食材

クイズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。