207views
クイズ

【犬クイズ】小型犬は特に要注意!パテラってどんな病気?

yuri
yuri シェリー編集部
犬の飼い主の皆さんは「パテラ」という病気を聞いたことはありますか?パテラはポメラニアンやチワワ、パピヨンなどの小型犬でよく見られる病気ですが、柴犬やゴールデンレトリバーなどの中・大型犬でも注意が必要です。

本記事では、パテラの特徴や予防法についてクイズ形式で解説していきます。

それではさっそく、犬のパテラクイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 小型犬によく見られる「パテラ」ってどんな病気?
正解です!
不正解です!
正解は「膝のお皿が脱臼してしまう病気」です。
パテラは日本語では「膝蓋骨(しつがいこつ、膝のお皿)脱臼」といい、膝蓋骨がずれて脱臼してしまう病気です。膝蓋骨は本来、大腿骨の溝に収まっていますが、これが何らかの理由によって溝からずれてしまっている状態です。

「血液を全身に送り出せなくなる病気」は心不全、「目の水晶体が濁る病気」は白内障、「椎間板がずれて脊髄を圧迫する病気」は椎間板ヘルニアの説明です。
Q.2 パテラの説明として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「パテラの原因は先天的なものではない」です。
パテラの原因は、生まれつき膝のお皿が大腿骨の溝から外れやすい先天的なものと、交通事故、高いところからの飛び降りや転倒などの後天的なものがあります。

パテラが発症しても必ずしも痛みを伴うわけではないため、なかなか初期段階で気づけない場合が多いです。

パテラの進行状況は、膝蓋骨の外れやすさによって4つのグレードに分類されています。
  • グレード1:膝蓋骨は、手で簡単に外せるが、手を離すとすぐに正しい位置に戻る。
  • グレード2:膝蓋骨が、膝の曲げ伸ばしだけで簡単に外れる。
  • グレード3:膝蓋骨が常に外れた状態だが、手で押すと正常な位置に戻る。
  • グレード4:膝蓋骨が常に外れた状態で、手で押しても正常な位置に戻らない。
Q.3 パテラを予防する方法として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です
正解は「段差の上り下りを頻繁に行って慣れさせる」です。
段差の登り降りは、犬の足に負担がかかります。犬がソファやベッドに登ることがあるのなら、専用の階段やスロープを設置しましょう。

肥満で体が重かったり、床が滑りやすかったりすることも膝への負担が大きくなります。太り過ぎには注意し、床は滑りにくいマットを敷きましょう

適度な運動は筋肉を丈夫に保ち、パテラの予防に役立ちます。しかし、過剰な運動はやはり膝に負担がかかりますので避けましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
知らないうちに愛犬が膝を脱臼?小型犬に多い疾患「パテラ」とは
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

関連リンク

知らないうちに愛犬が膝を脱臼?小型犬に多い疾患「パテラ」とは
https://cheriee.jp/dogs/22412/
【獣医師監修】愛犬の歩き方がおかしい?見逃せない歩様異常とは
https://cheriee.jp/dogs/22871/
犬のジャンプは病気のもと!?ジャンプ癖をやめさせる5つの方法
https://cheriee.jp/dogs/24668/
【獣医師監修】子犬・子猫を飼うなら知っておきたい9つの先天性疾患
https://cheriee.jp/cats/25505/
【獣医師監修】飼う前・後に知っておきたい!トイプードルの好発疾患
https://cheriee.jp/dogs/25713/
【獣医師監修】脱臼だけじゃない!ポメラニアンの好発疾患と予防法
https://cheriee.jp/dogs/25938/
  • クイズ
  • パテラ
  • 小型犬
  • 犬の病気
  • 膝蓋骨脱臼

クイズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。