5views
クイズ

【クイズ】知っておきたい犬や猫の先天性疾患

yuri
yuri シェリー編集部
犬や猫の「先天性疾患」にはどのような疾患かがあるかご存知でしょうか?疾患の種類によっては、早期治療や日常生活での配慮が必要な場合があります。知らなかったせいで取り返しのつかないことにならないよう、先天性疾患とはどのようなものかをしっかり学んでおきましょう。

今回は、犬や猫の先天性疾患について、クイズ形式でご紹介します。

それではさっそく、犬や猫の先天性疾患クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 ペットの先天性疾患の説明として正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「生まれつき奇形や構造異常が見られる」です。
先天性疾患とは、その名の通り「生まれつきの疾患」のことで、奇形や組織の構造異常などが見られます。例えば、心臓などに構造異常があると、わずかな異常であっても身体に大きな負担がかかるため、早期に対策する必要があります。

場合によっては命に関わるものもありますので、先天性疾患の有無を確認することはとても大切です。一方で、治療が必要ない場合もあるため、獣医師と相談しながら治療方針を決定していきましょう。

先天性疾患は親が発症していないくても、子に発症することがあります。
Q.2 次のうち、先天性疾患ではないのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「重症熱性血小板減少症候群」です。
重症熱性血小板減少症候群は、マダニを介して感染するウイルス感染症です。ペットから人に感染するリスクもあり、重症化すると死に至ることもありますので、マダニ対策はしっかりしましょう。

ひとことに先天性疾患といっても多様なものがありますが、その中でも特に注意したい疾患は以下の通りです。
  • 動脈管開存症
  • 心室中隔欠損
  • 門脈体循環シャント
  • 異所性尿管
  • 口蓋裂(こうがいれつ)
  • 水頭症
  • 肘関節形成不全
  • 股関節形成不全
  • 膝蓋骨脱臼
それぞれどのような病気なのかはリンク先の記事をご参照ください。
Q.3 先天性疾患を確認する際の説明として正しいのはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「レントゲンはある程度成長してから撮る」です。
骨は生後、徐々に軟骨から硬骨に置き換わっていくため、あまりにも若いうちにレントゲンを撮っても意味がありません。成長するにつれて症状が出てこないか確認しながら、時期を見て検査をしましょう。

遺伝子の情報は変わることがないため、基本的に遺伝子検査は一生に一度行えば十分です。また、先天性疾患は生まれつきの病気であるため、食生活や住環境を整えても予防するこはできません。

ペットショップなどでは検査をしていなかったり、していても誤った情報が提供されている場合があるため、犬や猫をお迎えしたら必ず動物病院で検査をしましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
【獣医師監修】子犬・子猫を飼うなら知っておきたい9つの先天性疾患
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!

関連リンク

【獣医師監修】子犬・子猫を飼うなら知っておきたい9つの先天性疾患
https://cheriee.jp/cats/25505/
飼うならどっち?純血種と雑種のメリット・デメリットとは
https://cheriee.jp/column/26972/
【獣医師監修】犬が突然発作を起こした!あなたならどうする?
https://cheriee.jp/dogs/22882/
かわいいけど放置して大丈夫?犬が横座りをする理由とは
https://cheriee.jp/dogs/29539/
犬にもADHDがある!行動の特徴や接し方のポイントを解説
https://cheriee.jp/dogs/30123/
幸運を呼ぶ?ヘミングウェイキャットと呼ばれる猫の正体とは
https://cheriee.jp/column/30155/
  • クイズ
  • ペット
  • 先天性疾患
  • 遺伝子疾患

クイズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。