5,260views
ねこグッズ

【被毛の長さ別】猫用ブラシの選び方!それぞれのブラシの役割とは

和田 千智
和田 千智 シェリー編集部

猫用のブラシは種類豊富です。柔らかいものから硬いもの、ブラシの素材など、たくさんあってどれを選べば良いのか分からないですよね。

今回の記事では、毛種ごとに必要なブラシやそれぞれの特徴や役割をご紹介します。
猫の毛の長さによっても選ぶべきブラシが異なるので、参考にしてみてください。

ぜひ、愛猫に合ったブラシを見つけてあげてくださいね!

短毛種・長毛種におすすめのブラシ

猫,ブラシ,選び方,お手入れ

それぞれのブラシの特徴を説明する前に、まずは短毛種・長毛種におすすめのブラシをご紹介します。

短毛種におすすめのブラシ

短毛種の猫には、「獣毛ブラシ(柔らかい)」「コーム」「ラバーブラシ」の3種類がおすすめです。

短毛種におすすめのブラシ 役割
獣毛ブラシ(柔らかめ) 基本のブラシ
コーム 毛玉取り、ノミ取り、仕上げ
ラバーブラシ/ミトンブラシ 抜け毛、マッサージ

※ミトンブラシは、ラバーブラシとほぼ同じ役割をしてくれるので、好みの方を選びましょう。

長毛種におすすめのブラシ

長毛種の猫には、「獣毛ブラシ(硬い)」「コーム」「ピンブラシ」の3種類がおすすめです。

長毛種におすすめのブラシ 役割
獣毛ブラシ(硬め) 基本のブラシ
コーム 毛玉取り、ノミ取り、仕上げ
ピンブラシ/スリッカーブラシ 毛のもつれをほぐす

※スリッカーブラシ・ピンブラシはできることが似ているので、これもどちらかあれば大丈夫だと思います。

ブラシの種類と役割とは?

猫,ブラシ,選び方,お手入れ

愛猫にぴったりのブラシがざっくり分かったところで、それぞれのブラシの特徴や役割を詳しくご説明します。

1. 獣毛ブラシ(柔らかめ、硬め)

獣毛ブラシは、いつものブラッシングで使える基本のブラシです。
獣毛ブラシは短毛種・長毛種ともに使いますが、同じ獣毛ブラシの中でも、短毛種に向いているものと長毛種に向いているものがあります。

  • 短毛種:ソフトで柔らかいもの
  • 長毛種:刃先がギザギザの硬いもの

長毛種の猫に柔らかい獣毛ブラシを使っても、毛の中までブラシが入りにくいので注意が必要です。

獣毛ブラシは動物の毛(豚毛・猪毛)でできているものがおすすめ。油分が程よくついて、毛に艶やかさがプラスされます。
逆に、プラスチックやナイロン製のものは静電気が起きやすいのでおすすめできません。

ONS
¥1,407 (2022/08/07 13:28:42時点 Amazon調べ-詳細)

ペティオ (Petio)
¥542 (2022/08/07 13:28:43時点 Amazon調べ-詳細)

2. コーム

コームには様々な使い方があります。特に長毛種の猫ちゃんは、毛のもつれをほぐす時にもよく使います。

目が荒いものと細かいもので効果が違うので、上手に使い分けましょう。

  • 荒いブラシ:毛のもつれをほぐす。
  • 細かいブラシ:ノミ取り、毛並みを整えて仕上げる。

荒い目と細かい目、どちらもついているコームを選ぶと便利です。
なお、先端が尖っているものは肌を傷めてしまう可能性があるので、できれば丸くなっているものを選びましょう。

ONS
¥1,263 (2022/08/08 07:40:20時点 Amazon調べ-詳細)

3. ラバーブラシ、ミトンブラシ

ラバーブラシは柔らかいので、猫の肌を傷める心配がありません。
抜け毛を吸着してくれるので、ごっそり抜けると思います。

マッサージ効果もあるので、猫にも比較的気に入ってもらいやすいでしょう。

ペティオ (Petio)
¥939 (2022/08/07 15:12:02時点 Amazon調べ-詳細)

なお、ミトンブラシも、ラバーブラシと役割は基本的に同じです。
手にはめて撫でるように梳かすことができるので、こちらの方が使いやすい人もいるでしょう。ブラシが嫌いな猫や、撫でられるのが好きな猫には向いているかもしれません。

猫の様子も見ながら、お好きな方を選んでくださいね。

4. スリッカーブラシ

毛玉がよくできてしまう猫におすすめなのが、スリッカーブラシです。
先端が針金状になっており、毛玉をほぐすことがきます。

ただし、肌への当てる角度を誤ると嫌がる猫も多いので注意が必要です。また、力が強いと毛が切れてしまったり、肌を傷つけてしまうので、力加減にも気を配りましょう。

ドギーマン
¥722 (2022/08/07 13:28:44時点 Amazon調べ-詳細)

5. ピンブラシ

ピンブラシは、毛のもつれをほぐすために使えます。
スリッカーブラシより毛玉をほぐす力は落ちますが、毛が切れる心配や傷める心配が少ないのがメリットです。

猫に合わせて、スリッカーブラシかピンブラシを選ぶと良いでしょう。

まとめ

猫,ブラシ,選び方,お手入れ

たくさんの種類がある猫のブラシは、選ぶのが難しいですよね。
今回ご紹介した「獣毛ブラシ(柔らかめ、硬め)」、「コーム」、「ラバーブラシ」、「ミトンブラシ」、「スリッカーブラシ」、「ピンブラシ」には、それぞれに特徴があり、役割も異なります。

それぞれのブラシの役割を理解して、猫の被毛の長さや目的に合ったブラシを選んであげてください。
毎日のブラシと、たまに使う特別なブラシとで、上手に使い分けられるとなお良いでしょう。

ブラッシングをこまめにして、艶々の毛をキープしましょう。

関連リンク

猫の爪、どうやってお手入れするの?最適な爪切りの方法をレクチャー!
https://cheriee.jp/cats/9799/
猫の抜け毛をとにかく対策したい。効果的なお掃除方法をご紹介!
https://cheriee.jp/cats/11371/
冬こそ猫の脱水に注意!その理由と猫に水を飲んでもらう方法とは?
https://cheriee.jp/cats/22817/
猫にお風呂って必要なの?入れ方とその頻度を紹介!
https://cheriee.jp/cats/9574/
【獣医師監修】猫が排便をしない!猫の便秘の原因と対処法
https://cheriee.jp/cats/23984/
  • ブラッシング
  • 商品紹介
  • 毛玉
  • 猫のお手入れ
  • 猫の健康

ねこのグッズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。