353views
エンタメ

【2021年】保護猫を譲り受けるには?東京のおすすめ保護猫カフェ

白木 真希
白木 真希 保護猫ライター

東京にはたくさんの保護猫カフェがあることをご存知ですか?保護猫カフェでは、飼育崩壊など何らかの事情で飼われなくなった猫たちが一時的に保護されています。

一般的な猫カフェとは異なり、保護猫カフェは、保護猫たちと触れ合えるだけではなく、もし「一緒に暮らしたい」と思える子がいたら家族として迎え入れることも可能です。

今回は、保護猫カフェのシステムと、東京にあるおすすめの保護猫カフェをご紹介します。

保護猫カフェの仕組み


保護猫カフェには、一般的な猫カフェと同じように保護猫と触れ合えるだけのカフェと、保護猫を一時的に預かり、譲渡を目的にしているカフェの2種類があります。お家に迎え入れる猫を探したい場合は、譲渡可能な保護猫カフェを探しましょう。

なお、保護猫カフェに気に入った猫がいたからといって、その日にすぐにお迎えできるわけではありません。店舗によっては、書類が必要だったり、トライアル期間を設けていたりするところもありますので、焦らずゆっくりと家族になる猫を探しましょう。

保護猫カフェの譲渡の条件と費用


保護猫カフェの譲渡条件や費用は、店舗ごとに異なっており、実際に店舗に行かないと教えてもらえない場合も多いですが、譲渡費用はだいたい30,000〜50,000円と見積もっておくといいでしょう。

保護猫カフェの譲渡条件例

保護猫カフェの譲渡条件にはどのようなものがあるのでしょうか。譲渡型の保護猫カフェ「Miagolare」の譲渡条件を例にご紹介します。

  • 家族として終生責任をもって大切に可愛がってくださる方
  • 完全室内飼いにしてくださる方(ケージ飼い・紐飼いはお断りします)
  • 猫ちゃんを飼育可能な住宅環境であること(身分証の提示が必要)
  • ご家族全員の同意が得られていること
  • 60歳未満の方であること(要相談)
  • 未成年のみの世帯でないこと
  • 猫ちゃんの体調不良時やワクチン接種(年1回)にきちんと病院へ連れて行くこと

    (引用元:譲渡型の保護猫カフェ「Miagolare」)

譲渡条件を見てわかるように、保護猫カフェから譲り受ける条件はそれほど厳しくありません。
しかし、里親になるには譲り受け希望者の性格や猫との相性も大切です。猫を大切に育てられるかを判断するために、条件に加えて事前にスタッフとの面談が行われる場合もあるようです。

保護猫カフェの譲渡費用例

「Miagolare」の保護猫の譲渡費用は以下の通りです。

  • オス:27,300円
  • メス:31,300円

譲渡費用には、これまでにかかった飼育管理費、ワクチンの接種、ノミ・ダニ駆除、寄生虫除去、不妊手術費などが含まれます。
気になる猫がいたら、まずは保護猫カフェのスタッフに聞いてみてください。

東京の保護猫カフェおすすめ5選


それでは、東京にあるおすすめの保護猫カフェを5ヶ所ご紹介します。
利用料や保護猫の譲渡の有無などの情報もまとめていますので、保護猫カフェ選びの参考にしてくださいね。

なお、衛生面と猫の健康管理のため、保護猫カフェを訪れる際はマスクの着用と、靴下を履くのを忘れないようにしてください。

1.【五反田】Meooow!

五反田駅から徒歩約18分のところにある保護猫カフェ「Meooow!(ミャーオ)」。

ボランティアで運営されていて、17匹もの可愛い保護猫たちが新しい家族を待っています。(2021年1月現在)
保護猫は写真と自己紹介つきでサイトからチェックできます。
Meooow!「在籍猫のご紹介」

土日祝日は予約制なので、事前にサイトから予約しましょう。

料金:1時間1,000円(1ドリンク付き)
営業時間:13:00~20:00(水曜定休)
住所:〒142-0063 東京都品川区荏原1-12-6
保護猫の譲渡:◯
HP:https://meooow-cat.com/

2.【新宿】いやし亭ほご猫茶屋

新宿駅から徒歩約10分のところにある保護猫カフェ「いやし亭ほご猫茶屋」。

今は6匹の保護猫が里親を待っています。(2021年1月現在)
和風な空間にまったりと癒されて心地よく、料金の中にはワンドリンクと駄菓子食べ放題まで付いています。

在籍猫はこちらから写真付きで確認できます。
ねこスタッフ紹介

ほっと一息つくのにもぴったりな保護猫カフェです。

料金:1時間1,500円(1ドリンク付き・駄菓子食べ放題)
営業時間:12:00〜21:00
住所:〒105-0004 東京都新宿区西新宿7丁目20-16 ダイカンプラザシティⅡ 6階
保護猫の譲渡:◯
HP:https://iyashitei-hogonekochaya.com/

3.【御茶ノ水】ネコリパブリック東京お茶の水店

御茶ノ水駅から徒歩約6分にある保護猫カフェ「ネコリパブリック東京お茶の水店」。

18匹の保護猫が里親を待っています。(2020年12月現在)
東京お茶の水店/在籍ねこ

畳が敷いてあり、昭和レトロな雰囲気が漂う空間にとても癒される保護猫カフェです。
また、ネコリパブリックは東京に「御茶ノ水・池袋」の2店舗があります。

完全予約制の保護猫カフェなので、行く前に必ず予約しましょう。
予約はこちら

料金:平日 1時間1,500円・土日祝 1時間1,700円
営業時間:平日15:00〜20:00、土日祝11:00〜18:00(木曜定休)
住所:〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目1-9 CRANEビル4階
保護猫の譲渡:◯
HP:https://www.neco-republic.jp/shop/shop-necorepublic-ochanomizu/

4.【中野】Miagolare

中野駅から徒歩15分のところにある保護猫カフェ「Miagolare(ミャゴラーレ)」。

13匹の保護猫が里親を待っています。(2021年1月現在)
Miagolareのメンバー紹介」から保護猫のプロフィールや写真が見られます。

ドリンクバーがあるので好きな飲み物を飲みながら、まったり猫たちと触れ合うことができます。

予約は当日に電話でのみ可能ですので、保護猫カフェへ行く前に電話予約すると安心です。

料金: 1時間1,200円(ドリンクバー付き)
営業時間:11:30〜21:30(木曜定休)
住所:〒164-0012 東京都中野区本町4-30-26 第二藤尾ビル3F
保護猫の譲渡:◯
HP:https://www.miagolare.org/

5.【駒沢】保護猫カフェ駒猫

駒沢大学駅から徒歩10分のところにある「保護猫カフェ駒猫」。

モダンでお洒落な空間に15匹の猫たちが自由に過ごしています。(2021年1月現在)
駒猫にいる保護猫たちはこちらから写真付きで確認できます。
駒猫であなたをお待ちしているにゃんず

土日祝日は予約が必要ですので、注意しましょう。
ご来店予約カレンダー

料金:大人1時間1,200円
営業時間:12:00〜20:00(水曜定休)
住所:〒154-0012 東京都世田谷区駒沢4-12-22 ティファーレ駒沢4F
保護猫の譲渡:◯
HP:https://koma-neko.com/

まとめ


今回はご紹介した保護猫カフェはほんの一部です。まだまだ東京にはたくさんの保護猫カフェがあります。

「保護猫」と聞くと少しとっつきにくいイメージがあるかもしれません。しかし、保護猫カフェでは、猫と触れ合った上で気に入った猫をお迎えすることができます。これがペットショップにはない保護猫カフェの魅力なのです。

今まで保護猫カフェに行く機会がなかった人も、ぜひ一度一度足を運んでみてください。素敵な出会いがあなたを待っているかもしれません。

関連リンク

里親募集型猫カフェって何?保護猫のカフェを紹介!
https://cheriee.jp/column/7040/
自分に合う猫を飼いたい!保護猫カフェという選択をしてみませんか?
https://cheriee.jp/entertainments/910/
保護団体から犬猫を譲渡してもらうためにすべきこと5つ
https://cheriee.jp/column/6734/
インフルエンサーとしても活躍中!保護犬・保護猫を飼っている有名人
https://cheriee.jp/entertainments/19217/
【新型コロナ】広がる保護猫・保護犬の「オンライン譲渡会」の可能性
https://cheriee.jp/column/19865/
  • Instagram
  • お迎え
  • カフェ
  • 保護猫
  • 家族
  • 譲渡

エンタメに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。