ハムスター他の動物

寒さが命取りになる?!ハムスターのための、冬の寒さ対策まとめ

BY Chisato 公開日:2018年12月20日 最終更新日:2019年3月18日
125 views

いよいよ冬本番になってきました。皆さんのおうちでは、冬の寒さ対策は万全でしょうか。

特にハムスターを飼っているご家庭では、冬の寒さ対策は気になるところかと思います。

本記事では、コスパも良く、効果的な寒さ対策を中心に、生活ですぐに実践できる物を6つ紹介します。

寒さは、命を落とす危険性さえある


ハムスターは、寒さに弱い生き物です。

ハムスターが生活する上での室温は、20~26℃が適温と言われています。

10°以下の寒さが続いてしまうと、擬似冬眠という状態になってしまい、大変危険です。飼育下のハムスターですと、最悪の場合にはハムスターが命を落としてしまう危険性もあります。

またハムスターは、気温差によっても体調を崩してしまうことがあります。

1日の中で10℃以上の寒暖差があると、具合が悪くなりやすいと言われていますので、こちらも併せて気をつけるようにしましょう。

9月から対策を始めるって本当?!


ご紹介した通り、ハムスターは寒さに弱いだけでなく、気温差によって体調を崩してしまうことがあります。

そのため、急に冷え込んでくる9月の終わりごろから寒さ対策を始めるのが良いでしょう。とは言っても、各地域・各家庭によって寒さは異なってきますので、一概にいうことは難しいです。

飼い主さんが寒いと感じる場合には、ハムスターも寒いと感じていると思って良いでしょう。早め早めに対策を行って行きましょう。

また、ハムスターの動きが鈍くなるなど、寒がっている様子を見せたら、すぐに寒さ対策を行いましょう。日頃から、ハムスターの様子を観察することがとても大切になってきます。

寒さ対策6選

基本

1.温度計の設置


これは寒さを改善するためのものではありませんが、寒さ対策をする上でまず取り付けたいものです。

先述した通り、ハムスターが生活するには、20~26℃の環境を保つことが大切です。「そろそろ寒くなってきたかな?」と思っていた時にはもう手遅れということもありますので、気をつけましょう。

温度計は、ハムスターのケージとお部屋の2ヶ所に設置することをオススメします。

2.ケージの置く場所


暖かそうだからという理由で、直射日光のあたる場所に置くのは危険ですのでやめましょう。温度差に弱いハムスターは、寒暖差によって体調を崩してしまいやすいです。

また、窓辺付近やドアの近く、床の上など低い位置も避けるようにしましょう。冷たい外気に触れる場所から遠ざておくことをオススメします。

効果抜群、すぐに実践できるもの編

3.小動物用ヒーター


コスパも良く、効果バツグンな小動物ヒーターは愛用している方も多いようです。

様々な種類が出ておりますが、大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは、ハムスターが中に入ったり上に乗ったり出来るようなタイプ、もう1つはケージ下に敷くなどが出来る広範囲タイプがあります。

・パネルタイプヒーター


愛用者も多いこちらのヒーターは、かなりの優れものです。電気代がかなり安いのも嬉しいところですね。広範囲を温めることが可能で、サイズも選ぶことができます。

自動で温度を制御する機能もついてあり、加えて自己消火性機能も付いているので安心です。

こちらのヒーターの上に直接ケージを乗せてしまうと温まり過ぎてしまうので、すのこを間に挟むなどの工夫をオススメします。

また、ケージ全体にヒーターを当ててしまうと、暑くなり過ぎた場合にハムスターの逃げ場がなくなってしまいます。3分の1〜半分ぐらいにしましょう。暖かくなりすぎないようにも注意しましょう。

・ドームタイプ、置くタイプ


こちらは、安く簡単に設置できます。見た目も可愛いものもありますが、難点は「ケージにコードを通すことが難しい」ということです。

本体自体の価格も安いことが多いので、何もないという方は、とりあえずこちらのタイプのヒーターを購入するのも良いかもしれません。

4.床材をたっぷり


冬場は床材をたっぷり入れてあげましょう。夏場の3倍以上ぐらい、ハムスターが潜った時にすっぽりと隠れるほどの量を入れてあげることをオススメします。

ここで注意したいことは、綿の床材や綿製品は入れないということです。

綿は、ハムスターが誤って飲み込んでしまった場合腸閉塞を起こしてしまったりと、命の危険があります。また、手足に絡まってしまうなどの危険性もあります。

暖かそうだから使ってみよう!というのは、逆効果になってしまうので注意しましょう。

5.エアコン


王道の温度管理といえばエアコンですよね。

室内温度を一定に保つことができますし、年間を通じて適温にしておくことができます。

「電気代が気になる!」という方もいらっしゃるかと思いますが、このようなサイトを通じて検討してみても良いかもしれません(エネチェンジ 「エアコン24時間つけっぱなし実験!電気代は安いのか?」)。

6.+α こんな方法もある


– ダンボールでケージを包む
– 毛布や布をケージにかける
– 断熱シート、コルクマットを活用する

こういった方法で、ハムスターのケージを寒さから守る方法もあります。もしかすると、こちらの方法の方が、昔ながらのオーソドックスなスタイルと言えるかもしれません。

注意点


ハムスターに寒い思いをさせないようにと、みなさま様々な工夫をされるかと思うのですが、注意しなければならないこともあります。

例えば、カーペットやヒーターを使う際には、ハムスターハウスの全体にかけないように注意しましょう。先述した通り、暑くなりすぎてしまった場合、避難が出来るような場所を作っておくことが大切です。

また、「ホッカイロをケージに入れる」という寒さ対策方法もあるのですが、ホッカイロをかじられてしまわないように十分に気をつけましょう。もし使う場合には、ホッカイロケースというものがあるので、必ずこちらを使用してください。

ホッカイロで寒さ対策をする場合には、毎日使いというよりも、短時間の間でどうしても必要な場合など、部分使いが向いています。

寒さ対策をしっかりと!


ハムスター飼いさんにとって、ハムスターの寒さ対策をすることはとても重要です。

冬でも暖かい環境を作り、ハムスターに健康で長生きしてもらえるようにしていきましょう。

ご意見をお聞かせください!

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちCheriee編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。

もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
※ 個人情報の入力は不要です。
※ 編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。
お問い合わせ