178views
クイズ

【クイズ】雨の日は元気がない。ペットも気をつけたい気象病とは?

yuri
yuri シェリー編集部
梅雨真っ只中で不安定な天気が続いています。この時期は人間も体がダルかったり、眠いことが多いですが、ペットも同様に気圧や天候の影響を受けることがわかっています。

本記事では、ペットの気象病についてクイズ形式で解説していきます。気象病の症状や気をつけたい持病について、クイズを通して学んでいきましょう。

それではさっそく、ペットの気象病クイズにチャレンジしてみましょう!
Q.1 気象病について「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「1週間程度で普段通りに戻る」です。
原因が気象病であれば、半日〜1日で普段通りに戻ります。1週間近く体調が悪そうであれば動物病院へ連れて行きましょう。

「気象病」とは、天気や気圧が変化することで様々な症状が現れたり持病が悪化する疾患で、頭痛・古傷が痛むなどの肉体的な症状と、イライラするなどの精神的な症状がみられます。

また、高齢のペットは免疫力が低下しているため、体調が変化しやすく、天気や気圧の影響を受けやすくなります。
Q.2 気象病の時にペットに見られる行動として「誤っている」のはどれ?
正解です!
不正解です!
正解は「散歩に行きたがる」です。
天気・気圧の変化は体に負担がかかるため、ペットは体力を温存しようとして、睡眠時間が長かったり食欲が落ちたりと、普段より大人しくなる傾向がみられます。また、飼い主さんに甘えがちになる子もいます。

いつもと違う様子で心配になるかもしれませんが、持病がなく他に顕著な症状がなければ、様子を見つつ落ち着いて休める環境を整えてあげましょう。
Q.3 気圧が低下した時に、特に気をつけたい持病として「適切ではない」のはどれ?
正解です!
不正解です
正解は「外耳炎」です。
気圧が低くなると、椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼などの関節系の疾患は痛みが強くなったり、脳腫瘍、てんかん、水頭症、前庭疾患などの持病がある場合は発作が出たりすることがあります。

持病があると天気や気圧の影響を受けやすいので、天気予報を確認し、事前に注意しておくことが大切です。もし、天候が悪い時に頻繁に発作が見られるようであれば、かかりつけの動物病院に相談しましょう。
問正解/ 問中

今回はこちらの記事から問題を作成しました。 詳細が知りたい人はこちらも読んでみてください!
雨の日はなんだか元気がない?気圧・天候がペットに与える影響とは
結果発表
問正解/ 問中
友達に教えてあげましょう!
  • クイズ
  • ペット
  • 梅雨
  • 気象病

クイズに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。