293views
エンタメ

今年はペットとお祝いしよう!【ひな祭り】

Mayu Takizawa
Mayu Takizawa シェリー編集部

3月3日はひな祭りですね。

女の子の成長と幸せを願うひな祭りですが、最近はペットの成長や幸せを願って、オス・メスを問わずお祝いする飼い主さんも多いようです。

「ひな祭り」といえば、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物などのご飯やひな人形を飾るなど、楽しみなことがたくさんあります。

今回はそんなひな祭りの、ペットとの楽しみ方や気をつけたい点についてご紹介していきます。

ひな祭りとは


ひな祭りとは、日本において女の子の健やかな成長と幸せを祈る、節句の年中行事です。

もともと、3月3日は「上巳(じょうし)」「桃の節句」などと言われ、厄を人形に移してはらった「流しひな」の風習がありました。それらが発展し、ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長と幸せを願う現在の「ひな祭り」となりました。

ひな祭りのご飯は食べて平気?

お祝い事で楽しみなのが、美味しいご飯ですよね。お祝いするなら、「ペットと一緒に食べたい!」と思う飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、犬が食べても大丈夫なひな祭りの料理や、注意しなければいけない料理を紹介します。

また、どのペットにもその食べ物との相性がありますので、初めて与える時は様子を見ながら少量ずつあげるようにしましょう。

ちらし寿司

ひな祭りの画像
ちらし寿司は、犬・猫ともに与えても特に問題はないでしょう。

ちらし寿司に入っているマグロの赤身部分は低脂質、高タンパクな食材です。栄養バランスのために重宝される食材とも言えます。

また、イクラには「アスキサンチン」と呼ばれる成分があり、様々な病気の原因となる活性酵素から体を守る働きがあります。

ただ、わんちゃん猫ちゃんに与えるちらし寿司は、人用の食事をお裾分けするのではなく、お酢を抜いたり、数的垂らすだけで少なめにしたり、マグロやイクラなどの魚介類も少なめにしてあげましょう。1番良いのは、愛犬・愛猫専用のちらし寿司を作ってあげることですね!

こちらの記事では、犬猫に与えてはいけない食べ物について紹介しています。

最低限知っておくべき、危険な食べ物リスト【犬猫版】

はまぐりのお吸い物

貝類は、ペットが摂取すると「ビタミンB1欠乏症」になる危険性があります。下痢、嘔吐などの症状が出ることもありますので、注意しなければなりません。

ひなあられ

ひなあられは、大量に砂糖が使用されています。ワンちゃんが砂糖を大量に摂取すると、糖尿病になる可能性があります。また、本来はならないはずの虫歯の原因にもなります。

甘酒

酒麹から作られたアルコール分が含まれている甘酒は、与えてはいけません。アルコールは摂取量が少しでも死に至るケースがあります。

逆に、米麹から作られたアルコール分を含まない甘酒でしたら、様子を見てあげてみても大丈夫です。しかし、砂糖が含まれているものは、ひなあられと同様、糖尿病になる可能性があるので注意しましょう。

ひな祭りのかわいいコスチューム

せっかくのひな祭り。かわいいコスチュームを着せて、いつもとは違う記念写真を撮ってみるのも楽しいかもしれません。

可愛い被り物

被り物は、簡単かつ手軽に着衣することができます。思わず「可愛いー!」と抱きつきたくなってしまいますね。

ひな祭りに関する被りものですと、おヒナ様やお内裏様、3色団子など様々なものがあります。多頭飼いのおうちでは、それぞれに違う被り物を被せてあげて、みんなで記念撮影をするのも楽しいかもしれません。



ひな祭りの着物

わんちゃん用の着物も販売されています。着物を着る機会はなかなかこの機会に着せてみても良いかもしれません。

みんなでコスプレ

多頭飼いの方や、お友達と一緒に本格的に雛人形になりきってみるのもとても可愛いですね!コスチュームを手作りしてみるのも楽しいかもしれません。

こちらは、ハリネズミさんならではのコスチュームですね!フェルトを巻きつけたシンプルなコスチュームですが、お雛様とお内裏様ということがしっかりと伝わります。

ひな祭りは日本の文化

雛人形
今回は、ペットとのひな祭りの楽しみ方、注意点をご紹介しました。あなたのペットにぴったりの楽しみ方は見つかりましたか?

ひな祭りは日本の伝統文化です。年に1度のお祝い事ですから、愛するペットの健康や成長を祈ってお祝いしてみてはいかがでしょうか。

  • イベント
  • お祝い事
  • ご飯
  • ひなまつり
  • ひな祭り
  • ペット

エンタメに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。