113views
他の動物ハムスター

ハムスターにひまわりの種を与え過ぎないで!適量や与え方をご紹介

Risa
Risa シェリー編集部

アニメ『とっとこハム太郎』の影響などもあって、「ハムスターといえばひまわりの種が好き」というイメージがある方も多いでしょう。

確かに、多くのハムスターはひまわりの種を好みますが、実は与えて良い適量は意外と少ないことをご存知でしょうか?
ひまわりの種を与えすぎてしまうと、肥満や病気の原因となってしまいます。

今回の記事では、ハムスターにひまわりの種を与える際の目安量や、与え方などをご紹介します。

ひまわりの種の栄養

ひまわりの種,ハムスター,適量,肥満,与え方

ひまわりの種のカロリー 

ひまわりの種1粒を0.2gとすると1粒あたりのカロリーは約1.2kcal、10g(50粒)あたりのカロリーは61kcalです。一度に大量に食べることはあまりないでしょうが、かなり高カロリーのナッツで、グラム換算ではチーズの約2倍、お米の4倍ほどのカロリーがあります。

また、脂質もかなり高く、100gあたり約56.3gの脂質が含まれています。これは、豚肉の脂質量の約1.5倍です。

ひまわりの種の栄養素

高カロリーなひまわりの種ですが、血液や肌を健康に保つために重要な栄養素が多く含まれています。

・ビオチン
健康な皮膚や粘膜、爪、髪を保つ役割がある。
・リノール酸
血圧を下げ、動脈硬化の予防に役立つ。不飽和脂肪酸の一種で、体内で合成できない必須脂肪酸。
・ビタミンE
抗酸化作用があり、老化を防ぐ。
・葉酸
貧血予防や免疫力の向上に役立つ。
・銅
赤血球を作って鉄の吸収を助ける。貧血予防に役立つ。

ハムスターにひまわりの種を与える際の目安量

ひまわりの種,ハムスター,適量,肥満,与え方
ハムスターにひまわりの種を与える際は、1度に1粒、1週間に1〜2回程度を目安にしましょう。

目安はハムスターのサイズにもよりますが、特にサイズの小さいロボロフスキーなどに対しては、1週間に1粒より多いと与え過ぎです。

逆に、サイズの大きいゴールデン・ハムスターなどに対しては、少し多めに与えても大丈夫ですが、それでも2日に1回程度にしておきましょう。

ハムスターにひまわりの種を与えすぎるとどうなる?

ひまわりの種,ハムスター,適量,肥満,与え方

ハムスターはひまわりの種が大好きなので、もらった分だけ喜んで食べてしまいます。
しかし、かわいいからといってひまわりの種を与えすぎてしまうと、肥満や病気の原因になるので注意が必要です。

1. 肥満の原因になる

ハムスターはもともと、肥満になりやすい体質です。
ハムスターの肥満体型はかわいいと感じるかもしれませんが、肥満は様々な病気のもととなるので、ハムスターの健康を考えれば決して軽視してはいけません。

2. 脂肪肝・肝硬変の原因になる

ひまわりの種には重要な栄養が含まれていますが、それだけを与えすぎると、栄養が偏ってしまいます。
偏食を続けると、脂肪肝、皮膚病、肝硬変などの病気になり、寿命が著しく短くなるので注意が必要です。

3. 中毒になる

多くのハムスターは、おそらくペレットなどの主食よりも、ひまわりの種を好みます。
そのため、飼い主さんがきちんとコントロールしないと、ひまわりの種だけでお腹を満たそうとしてしまい、ほかの食べ物を食べない「ひまわりの種中毒」になりかねません。

ひまわりの種の与え方

ひまわりの種,ハムスター,適量,肥満,与え方

殻は取り除くべき?

ひまわりの種には殻がありますが、ハムスターは自分で殻を剥くことができるので、飼い主さんが剥いてあげる必要はありません

たまに、ハムスターが殻ごと口に入れていることがあるかもしれませんが、それはもらった種を小屋に持ち帰るために一時的に口に入れているだけであって、殻を食べているわけではないので大丈夫です。

しばらくしてからよく見ると、殻は残骸として残っているでしょう。

しつけの補助に使うと便利

ひまわりの種のように、ハムスターにとって嗜好性の高いものを上手に使うと、しつけやコミュニケーションをスムーズに行うことができます。

例えば、正しいところでトイレができたらひまわりの種をあげる、手のひらに乗ってくれたらあげる、というような使い方をしてみましょう。
ただし、しつけに夢中になりすぎて、ひまわりの種を与えすぎることがないように注意してくださいね。

ひまわりの種を食べないハムスターもいる?

ひまわりの種,ハムスター,適量,肥満,与え方
多くのハムスターはひまわりの種を喜んで食べますが、中には全く食べないハムスターもいます。
どのような理由があるのでしょうか?

1. そもそも好きではない

ハムスターだからと言って、全個体がひまわりの種を好んで食べるとは限りません。
ハムスターによっては、ひまわりの種が好きではない場合もあるでしょう。
また、以前ひまわりの種を食べて体調を崩したことがあるなど、嫌な思い出と結びついていると食べなくなることがあります。

2. 歯にトラブルがある

前はひまわりの種が好きだったのに、急に食べなくなった場合は、歯に問題がある可能性があります。
特に、高齢のハムスターで多くみられます
ほかの食べ物を食べるのにも問題がある場合は、なるべく早めに動物病院を受診しましょう。

3. 食べ方がわからない

これまでにひまわりの種を食べた経験が一度もないと、殻の剥き方がわからず、食べられないものだと判断することがあります。
一度、目の前で殻を剥いてあげることで、自分でも殻を剥けるようになるでしょう。

まとめ

ひまわりの種,ハムスター,適量,肥満,与え方
ハムスターはひまわりの種が大好きですが、与え過ぎてしまうと肥満や病気の原因になったり、ほかの食べ物を食べなくなってしまうことがあります。

あくまでも主食はペレットなどにし、ひまわりの種は週に1〜2回の特別なおやつとして与えるようにしましょう。
その分ハムスターにとってのありがたみも増すので、上手に活用すればしつけや飼い主さんとのコミュニケーションにも大いに役に立ちます。

関連リンク

ハムスターを健康的に保つための3つの秘訣
https://cheriee.jp/pets/6401/
ハムスター専用、Instagramの人気ハッシュタグまとめ
https://cheriee.jp/pets/7777/
【2021年】おしゃれで可愛いハムスターの名前、オススメ決定版!
https://cheriee.jp/pets/11717/
ハムスターのしっぽが短い理由。しっぽで気持ちや病気も分かる⁉︎
https://cheriee.jp/pets/27863/
ハムスターのケージを自作しよう!実レシピから学ぶケージ作り・続編
https://cheriee.jp/pets/11750/
  • ハムスターの健康
  • ハムスターの食事
  • 栄養
  • 肥満

他の動物のハムスターに関する記事

ご意見をお聞かせください

最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?
私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。
もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

コメントを入力する
※個人情報の入力は不要です。 ※編集部からの返信が必要な場合は専用ページからお問い合わせください。